そこまでして、なぜ人は走るのか?

Home  >>  RUN  >>  そこまでして、なぜ人は走るのか?

そこまでして、なぜ人は走るのか?

おはようございます!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は午前中に長崎から来られる知人と梅田でお会いしました。

 

知人と言っても、お会いするのは初めて。

 

これまた知人の福井さんから同じランナーとしてご紹介を受け、

たまたま大阪に来られる機会があったので、お会いすることになりました。

 

せっかく遠方から来られるのですから、

何か一つでも価値貢献できたら、と思います。

 

 

そこまでして、なぜ人は走るのか?

■ 「本を出版したい」

別に、印税生活を送ろう、ってわけじゃないけど、

数年前からそんなふうに考え出しました。

 

 

走り始めてからこれまでに、

いろいろな感情や学んだことがあります。

 

走ることで、とても成長できたように思えますし、

実際に成長したでしょう。

 

走ることから得たことは本当に多岐にわたります。

 

 

■ いつも思うのですが、

「走ることと出会ってなかったら、

今頃廃人寸前であったのではないか」、と。

 

本当に、RUNに救われたのですが、

こんなことを言っても、

走らない人はそれはわからないことだと思います。

 

本当にそれがもったいないと思います。

 

 

 

■ 世の中にはいろんなランナーがいます。

 

週末だけ走るランナーもいれば、

家族に頼み込んででも、走りに行くランナーがいる。

睡眠時間1時間でも走ろうとするランナーがいる。

寒さの中、頭に雪を積もらせながら走るランナーがいる。

灼熱の砂漠を重い荷物を背負ってでも走ろうとするランナーがいる。

 

 

『そこまでして、なぜ走るのか?』

きっと走ったことのない人はわからないことでしょう。

 

 

結論から言うと、

「そこまでしてでも走る何か」がRUNにはあるのです。

 

 

それをこれまでに十二分に感じてきました。

 

 

 

■ 実は、このブログも

「RUNから得たことを、少しでも残そうと、誰かの為になれば」

と思い、毎日書き続けています。

 

それでも書ききれないこと、表現できていないことは

たくさんあります。

 

 

■ 本を書いたからといって、それを表現できるか、わかりません。

でも、

より多くの人にその「何か」を伝えられると思うのです。

 

 

「走ることに対するイメージ、痛みや苦しみ、そういったものを走ることの素晴らしさに変える」

「荒唐無稽なRUNでもやれないことはない。

ちゃんと正しい手順・方法や心構えで望めば、達成できる。」

「走ることで人生が変わったこと」

 

などを書籍の中で伝え、そのひとも変わっていってくれればと思うのです。

 

 

と、

ここまでなんの根も葉もないことを書きましたが、

これも現実がどうであれ、掲げる目標の一つとして、

ここに書いておきます。

 

 

今日はここまで。


[まとめ]

  • そこまでしてなぜ走るのか?その答えは、走った人ではしか実感できない。
  • 自分自身、走ることでたくさんのことを学び、走ることで人生が変わった。
  • 本を出すことによって、そのことをひとりでも多くの人に知ってもらいたい。走る素晴らしさを伝え、だれかの人生を変えるきっかけを与えたい。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)