『28th day ー 唯一無二の存在を目指す』

Home  >>  日本縦断  >>  『28th day ー 唯一無二の存在を目指す』

『28th day ー 唯一無二の存在を目指す』

On 10月 12, 2014, Posted by , In 日本縦断, With 1 Comment

9:50 AM

今日は曇り。
行程は54kmと、いつもとそんなに変わらないが、
300mからずっと終始下り坂なので楽である。
だんだん「普通」の感覚が変わってきた気がする。
最初は「頑張れば50kmもなんとか」だったけど、
今は「50kmなら、まぁー普通に走れる」というふうに、
距離感、マインドも変わってきた。
今は「60km+高低差がギリギリなんとかなる」が、限界点である。
この先これも「普通」になるのだろうか?

今日はギョーザだけがモチベーションである。
この旅で今だに、名寄で食べたカレーを超える食べ物にあっていない。
宇都宮のギョーザはそれを超えるのか…?
ちょっと期待である。

 

image
今日は単純で単調な道が続いた。
バイパスなので走りやすく見通しも良いが、
その分、風景も変わらない。
はっきり言って退屈、飽きてくる。
ただただ、ぼーっと走っていると、
2回も道を間違えた。
こうも風景が変わらないと、
考えることをやめてしまう。

 

image

ウォーカーの康平さんに会った。
宮城県の石巻まで行くらしい。
山口県をスタートして、屋久島に行き、最後は石巻まで。
3.11の際に石巻をボランティアで訪れ、
今回は報道されない現状を見に行くのだそうだ。
僕より立派な大義名分がある。

 

それに比べて僕は何もない。
彼らと違うのは、「走っている」という点だ。
実は、僕みたいな旅とランを合わせたスタイルを

「ジャーニーラン」

と呼ぶ。
あまり、というか、全くメジャーではないが、
有名どころでいうと、
間寛平さんのアースマラソン、や、
ガリバーの会長らのユーラシア横断などのである。

 

こう言った方達の共通点は、
「お金と時間があること」だ。
また、バックアップもしっかりしており、
野宿キットを背負ったり、
宿の心配をする必要がない。
寛平さんはトレーナーやマネージャーがついていたし、
ガリバーの会長においては、何人ものお付きがついたそうだ。
なんとも贅沢なランである。
バックアップがなかったとしても、
お金と時間がある人は、だいたいシニア世代の人となってしまう。

 

こういったジャーニーランだが、
この競技に取り組んでいる人がどれだけいるだろうか?
普通のマラソンに参加する人が、10人に1人ぐらいの比率とすると、
ウルトラマラソンで、300人に1人。
トライアスロンも同じく、300人に1人。
ジャーニーランに至っては、1万人に1人、
いや10万人に1人と言ってもいいのではなかろうか。
それに加えて、僕は、
毎日50kmのノルマ、基本休みなし、野宿も含む、資金に全くの余裕無し。
という状況。
ここまでやる人間は過去に数える程しかいないだろう。
もっというと、
ベトナムでも1週間同じように荷物を背負って走った人物となると、

もう唯一無二の存在ではないだろうか。

これだけ走る人が多い時代では、
サブ3やサハラマラソン完走でさえ、
他者と差別化できない。
もっと何かで突き抜ける必要がある。
オンリーワンを目指すのはちょっとやそっとではできないのである。
なら、僕のような人間はどうだろうか?
こんなバカな野郎は他にいないのではないかと思う。

(加えて言うと、ベトナムで現地採用として、
ゼロからスタートし、会社の代表を務めた人間も少ないだろう。
これはちょっとカテゴリーが違うが)

ま、それも「この企画を完走すれば」のことだがww

 

image
さて、話を本編にもどすと、
7時過ぎには宇都宮に着いたが、
おいしいと聞いていたギョーザ屋が閉まっていた。
7時閉店と看板に書いてあった。
ちょっと早すぎだ。汗
その後もぶらぶらして30分ほどギョーザ屋を探し回って発見。
いろいろな種類のギョーザがあって、どれも美味しかったが、
やはり名寄でのカレーには到底及ばない。

image

 

今日は漫画喫茶で寝ることにした。
天気予報によると、明日の昼頃から80%の降水確率。
あさっての明け方まで降るようなので、
明日は走れない。この旅で2度目。勘弁してほしいものである。

 

imageimage

 

 

今日の移動距離:54km

累計:1379km
東京まで:あと101km

 

One Comment so far:

  1. 下村拓英 より:

    赤山さん

    初めまして。鮒谷道場13期生&年間プログラム受講中の下村拓英と申します。
    この度、facebookの道場生コミュニティで富田博之さんが赤山さんのことをご紹介されており、その中で赤山さんは15日の夜は目黒付近にいらっしゃるとのことでしたので、もしお時間が合えばお話など伺えればと思い、不躾ながらメールさせていただきました。

    私は20時ころでしたら目黒に伺うことができます。
    もし、よろしければ、なにとぞよろしくお願いいたします。

    P.S. 
    体調面などでご無理なようでしたら、遠慮なくその旨お伝え下さいませ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)