社会人になって学んだことは、日々に学習あるのみということ。

Home  >>  RUN  >>  社会人になって学んだことは、日々に学習あるのみということ。

社会人になって学んだことは、日々に学習あるのみということ。

On 5月 27, 2017, Posted by , In RUN,習慣化, With No Comments

 

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

本日は久々にダイトレに行ってきました!

半年以上、行ってなかったせいで、道に迷うアクシデントに見舞われましたが汗

無事に完走できました!

 

夏以降の大会のためにも、

積極的にまた山に行きたいですねー

 

 

社会人になって学んだことは、日々に学習あるのみということ。

 

今、思うと、本格的な学びというのは、

社会人になってからのように感じます。

 

逆に言うと、

学生時代に何を学んだのだろう、と(先生、ゴメンナサイ。。。)

 

でも、

学びに対する意欲というのは、

社会人になってからより旺盛になったのは事実だと思います。

 

 

■ それは、

『社会人になったからといって、

二十歳そこらで人生が決まるわけじゃない』

という社会に対する反骨精神(?)から来ることもあったでしょうが、

 

社会人になってからの学びのほうが、

より実用的で、より理解しやすかったように思うのです。

 

そして、

それは、僕の血となり肉となり、今の自分を形成するようになったのです。

 

 

余談ですが、

いくつになっても人は成長できますし、

年齢に縛られているのは、常識に縛られているように思います。

 

 

 

■ 特に、RUNについては、正しく体と精神を作り上げるのに、

大いに役立っていることは言うまでもありませんが、

 

会社とか、人付き合いとか、

そういったことよりも、

 

RUNは毎日ほんとうに毎日、学びを与えてくれるものなのです。

 

 

■ 今日も、ダイトレに行って、新たな自分を垣間見ることが出来ました。

 

今日の不甲斐ない自分も、

そういった自分を知っていることで、

「不甲斐ない自分でも、そこから這い上がり、走ることが出来た自分」

という経験が、

いつか自分を助けてくれる、と思うのです。

 

だから、

いろんな自分を経験すればいい。

何事も勉強、何事も経験。

 

 

それを社会人になって学び、

「今も自分を支えている」と言っても過言ではないのです。

 

 

今日はこのへんで。


[まとめ]

  • 社会人になってからのほうが学生時代よりも学習意欲が旺盛になった。
  • それは、二十歳やそこらで人生決まると思いたくなかったし、社会人になってからの学びのほうが、より身のためになった。
  • 走り出してからはなおのことで、どんな経験も血となり肉となっている。今後もきっといろいろな経験が我が身を助けてくれるに違いない。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

本日の走行距離:32.5km

今日現在の総距離:559.4km

目標の600kmまで40.6km!

結構頑張りました。。。明日も頑張ります!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)