『3rd day ー 6分間の悪夢、再び。』

Home  >>  日本縦断  >>  『3rd day ー 6分間の悪夢、再び。』

『3rd day ー 6分間の悪夢、再び。』

On 9月 17, 2014, Posted by , In 日本縦断, With 1 Comment

8:26 AM

完全防雨でスタート。

最初は快調で一時間で7km走れた。
悪くない。
途中車道を走ることになり、
車の行き交いに遭遇すると、
止まって僕が行くのを待ってくれた。
有難い。

image

天気は生憎の晴れ。
完全防雨が意味をなさない…汗
昼すぎまでに音威子府に着きたい。

 

今日はずっと手塩川とランデブーすることになる。

image
このまま晴れるかと思いきや、やはり雨がきた。
用意しておいたカッパを反対に着て雨を凌ぐ。
が、すぐに雨は止む。
またいつ降るかわからないので持ちながら走る。
またしばらく行くとトンネルがあった。

image
横が柱でできているので、
そんなに音は反響しない。
距離にしても200mぐらいで出口も見えている。
なんだ、楽勝!と思いきや、甘かった。
そのすぐ先に、今度は本格的なトンネルがあり、かなり長そうだ。

image
やはり音は轟々と鳴り響いてくる。
これはマズイと轢かれないためのライトを用意する。
意を決して突撃!
無我夢中で走る。
不思議と足の痛みは感じず、
走り続けられる。
壁すれすれの位置を走ること、
6分間。
やっと通り抜けた先には、また暑そうな陽が照っていた。
山の天気は変わりやすい。
すぐにまた雨になる。
今度の雨はきつい。大粒の雨。
車でさえ視界が悪そう。
トラックが通るたびに水しぶきが立つ。
道幅は狭いところで50cm強しかない。
本当に危険だ。
ただ黙々と雨の中、走る。
一度、パーキング(といっても、少し広い空き地)で、
雨が止むのをただただ雨に打たれながら待ったが、
一向に雨は止みそうにない。
弱くもならない。
諦めてまた走る。
午後2時過ぎ、
音威子府に到着する。

image
予定より1時間遅いが、雨の中走ったことを考えると悪くない。
初の道の駅で食事をする。
コンセントにガムテープが貼られており、
充電できない。
豊富の駅でもそうだったが、
こういう旅行者泣かせの対策をしているところが多いのか?
が、聞いてみると、
ちゃんと使っていいと許可を得た。
聞くだけ聞いて見るものだ。
飯食ったら、3時半前だった。
時間を使い過ぎた。
この旅で始めて音楽をかける。
とりあえずポルノグラフィティだ。
調子も良く、一時間で7km走れた。

image

しかし、そこで急に足が痛みだした。
しかも左右両方同じ箇所、
親指の付け根から少し遡ったら場所だ。
走る時に踏み込むから、それを続けていると、
その場所が酷使されてくるのだろう。
同時に寒さを感じ、上を羽織る。
陽が暮れ始め、動かないと、かなり寒さを感じる。
足が痛い。走れないことが悔しい。

 

6時も過ぎ、また夜を迎えた。今回はライトナシでは進めない。
歩道をとぼとぼと歩く。

image
時々走って一時間6kmがいいところだ。
何度もGoogleMapで残りの距離を確認したが、
一向に減らない。
もう辺りは真っ暗になった。
ふと夜空を見上げた。星が綺麗だった。

あと3kmと言うとことまで来た。
この時、また雨が降ってきた。
もう手の感覚はない。
もう少しというところだが、耐えられず、
バス停に入る。
TさんからLINEが入る。
たわいも無い話だが、力をもらった気がした。

 

美深の道の駅に着いたのは、8時過ぎ。
道の駅は完璧にしまっていた。
仕方なく、温泉の方へ行ってみる。
ここもしまっていたら、本当に死んでしまいそうだ。
温泉はまだ営業していた。
とりあえず風呂に入る。
何回湯を被っても暖まらなかった。
風呂を出て、試しに施設の人に
「ここに泊まっていいか」
聞いて見たが、あっさり断られた。
施設の前で寝ることもダメだという。
代わりに、トイ面にあるキャンプ場で寝ればいいと教えてくれた。
そこはキャンプ場の管理人小屋で、
ベンチがあり、屋根があるのが救いだ。

 

3日目は野宿である。
今日も疲れた。空腹もあるが、眠い。

One Comment so far:

  1. shambata より:

    何回湯を被っても暖まらなかった。

    スタートしてまだ日は浅いですが、
    もう終盤の日記かと思えるほど、
    過酷さが伝わって来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)