光陰に関所なし。

Home  >>  RUN  >>  光陰に関所なし。

光陰に関所なし。

On 1月 7, 2017, Posted by , In RUN, With No Comments

 

こんにちわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

本日は家族マターのために一日を過ごします。

年が明けて間もないですが、

エンジンを切ることなく、

自分で自分の手綱をもって過ごしたいですね。

 

 

光陰に関所なし。

■ ボーッとしていたら、時間はあっという間に過ぎていきます。

いや、厳密に言えば、何をしていても時間はすぐに過ぎます。

 

だからこそ、意識して行動していかないといけません。

 

とはいっても、

時間というのは無情にも過ぎていくもの。

意識している、していないにかかわらず、

「気づけば、もう夜。汗」

なんてこともあると思います。

 

私も例年そうでした。

 

 

■先日もブログに書きましたが、

2017年、もしくはもっと先の3年後、5年後10年後に、

「気づけば、もう◯◯。汗」と、後悔したくないなら、

今のうちに、なにか手をうたなければなりません。

 

まだ年が明けて1周間というこのタイミングだからこそ、

早め早めで、過ぎ去る時に関所を設ける必要があります。

 

 

■ その一つとして、今回から取り組もうと思うのは、

「スケジュールをとにかく埋めまくる!」

ということです。

 

読んで字のごとくなんですが、

空いている時間は極力失くすために、

土日は必ず予定(予定候補も含めて)をGoogle Calendarに入れ、

平日でも、なるべく予定を入れるようにします。

そして、各予定にはアラームをつけておき、リマインドがされています。

 

これは人と会うような予定だけではなく、

ランニングコーチの事業の企画作成や、

ブログの更新、家族関連の事柄も予定に入れます。

どれも、今年や数年後に後悔しないために今しておきたいことだからです。

 

そのアラームによって、過ぎ去るときに楔を入れて、その行動に意識が行くようにします。

これだけでも、幾分かは行動が即されるされるようにします。

 

 

 

一番後悔するときというのは、

「あれ、やっておけばよかったなぁ」

ということです。

 

RUNでいうと、

FBなどで知り合いが大会を走っているのを見て

「申し込んでおけばよかったー(ToT)」

 

これを防ぐためにも、

まず、

「やるためのシステム作り」

そこからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

今日はここまで。


[まとめ]

  • 光陰に関所なし。ぼおっとしていたら、すぐに時間は過ぎてしまう。
  • 一番後悔するのは、「あれ、やっておけばよかった」ということ。
  • 「気づいたら、もう◯◯。汗」と後悔したくないなら、行動に移すための仕組みづくりが必要。

→ランニングコーチについてはこちら

子供向けクラスについてもお問い合わせください。


→FAQはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)