『20th day ー 余裕のあるうちに少しでも遠くへ』

Home  >>  日本縦断  >>  『20th day ー 余裕のあるうちに少しでも遠くへ』

『20th day ー 余裕のあるうちに少しでも遠くへ』

On 10月 4, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:15 AM

朝、誰かがそばを通り過ぎる音で起きる。
一瞬、なにが起こったのかわからない。
その人は自販機にジュースを買いに来た。それだけだ。
でも寝ているこっちからすれば、
なんであろうと怖い。
昨日、夜中に警察に起こされたから尚更だ。

 

image

走り出して、しばらくはアップダウンが続いたが、
これまでの坂に比べれば、大したことなかった。
天気も良く快調に走る。
2時間もいけば、町に出てより走りやすくなった。

 

image

11時過ぎ、盛岡駅に到着。
ここまで3時間。気持ち良く走れた。
松屋で飯を食う。

image
荷物を背負ったまま平然と飯を食う。
山でも登るかのように思われているだろう。
何を思われようと気にしないが、
興味がないのか、聞かないのがマナーなのか、
店員だけでなく、客も何も聞いてこなかった。

これが「今の日本」なのではないかとさえ思った。
いや、俺が臭いだけか…?

 

 

快晴で快調、というか単調。
道はただまっすぐ。

右手に綺麗な山並みが見える。

 

歩行者と自転車が区分されているのが嬉しい。

image

これまで片足の幅ほどしかない歩道を走ってきたので、

天国のように感じる。
音楽に身を任せて、走り続ける。

 

 

3時半頃、
今日の目的地・石鳥谷まであと5kmというところまで来た。
ここでちょっと考えた。
もう少し行けば、花巻の街に着く。
が、まだ20kmもある。
天気は良いし、体的にはまぁまぁ。
明日は60km以上ある。
んー行けないこともない…
コンビニでしばらく考えたが、
今日は花巻まで行くことにした。

余裕のあるうちに、
少しでも遠くへ行くほうがいいだろう。

明日が楽になるほうがいい。

 

 

image

そこから花巻までは思いのほか長く感じた。
まだ走れるが、いつも時間が遅くなると、荷物が重く感じる。
肩のひもが身体に食い込んで、痛い。
花巻市内までくると、宿までの道がはっきりとわからず、
iPadを片手に彷徨う。
最後は登り坂の上にある花巻の駅を訪れてゴール。
2日ぶりのベッドはただただ暖かかった。

 

imageimage

 

今日の移動距離:56km

累計:998km
東京まで:あと480km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)