『39th day ー 苦肉の策』

Home  >>  日本縦断  >>  『39th day ー 苦肉の策』

『39th day ー 苦肉の策』

On 10月 23, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

10:24 AM

ブログを書いていると、出発が送れてしまった。
やはり書き溜めはよくない。
が、ネタが尽きてきているの事実。
こう毎日走っていると、
なに見ても目新しさを感じなくなる。

 

image

今日は曇り。
ミスト状の雨が降ってて、日本縦断するにはもってこいの天気だった。
2時間ほど走ったときだった。
いつものように信号待ちで荷物の緩みを点検し、
体にフィットするために紐を引っ張る。
紐を引っ張り、しっかり固定することによって、
荷物の揺れがなくなり、体への負担も減る。
このときも寝袋を固定する紐を引っ張ったときに、
「バチン」と嫌な音がした。
荷物を降ろしてみると、紐の留め金が割れたのだ。
最悪である。
これはどうやっても直せない。
一瞬にしてこの先の1000km弱の行程が重くのしかかる。
とは言っても、なんとか固定するしかない。
紐を無理矢理くくり、留め金がなくても滑り落ちないようにした。
これでどこまでもつのだろうか…?

image
3時ごろ、残り25kmというところまでくる。
休憩挟んで4.5時間、24kmだから悪くない。

本当は今日は35kmだけの予定であった。
しかし、明日の日程が68km、しかも関ヶ原越え、途中で宿泊する施設もない。
と言うように、かなりハードである。
明日のゴールに着いたときには、11時を超えているのではないだろうか。
こう言った状況から、本心ではないが、
苦肉の策を取ることにした。
それは、

「今日、名古屋を越えて10数キロ走り、明日の走る分を短かくしよう」

というものだ。
今日は短めなのでバランスを取る意味でもちょうどいい。
しかし、これはあくまでも苦肉の策だ。
というのも、これを行うと、
どうしても車に乗らないといけない。
今回も名古屋に知人がいるので、
上記のようなことが可能だが、本当は乗り物に乗りたくない。
なんとなくだが、あまりいい気がしないのだ。
が、今回だけは仕方ない。

image

そこから名古屋駅を経由し、稲沢市まで走った。
友人には6:30〜7:00につく、と伝えたので、
何がなんでも間に合わせるように走った。
足の痛みはあるけれど、さほど気にならなくなってきた。
もう麻痺しているのかもしれない。

結局、ゴールに着いたのは7時半前だった。

 

名古屋ではベトナム時代の多くの知り合いが集まってくれた。

imageimage

その中でS藤さんのご実家で今日はお世話になる。
友人のS藤さんはベトナムで一緒に走った仲間だ。
と言っても、僕なんかよりも大先輩なので、
泊めていただいて至極恐縮である。
本当に有難い。

 

imageimage

 

今日の移動距離:51km

累計:1877km

大阪まで165km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)