『4th day ー 人生は、垂れたクソのにおいを嗅ぐでねぇ!』

Home  >>  日本縦断  >>  『4th day ー 人生は、垂れたクソのにおいを嗅ぐでねぇ!』

『4th day ー 人生は、垂れたクソのにおいを嗅ぐでねぇ!』

On 9月 18, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:05 AM

生憎の雨。
着くのはイヤだから、少しでも早く出ようとしたが、
寒くて寝袋から出られない。
軽量化のため、いらないものを捨てまくった。
なんだかんだで1kgは軽くなったと思う。

スタートして、
比較的、緩やかな道が続く。
足の調子は悪くない。

image

 

コンビニで、
朝飯を食うまでに10km走った。
空腹のせいか、スピードがでない。
時間がもったいないので、歩きながら食べる。
塩のおにぎりが美味しい。
また足が痛む。
右のかかとと小指だ。
また豆ができているに違いない。

 

道なりに行く。
警察署の前を通る。

image

こんな看板があったが、
これはどれくらいすごいことなのだろうか?

 

自転車のカップルに追い抜かされた。
どうみても地元の人だ。
ゆっくりと何もない国道を走っていく。
車がない人は、自転車でデートするのだろうか?

 

登りにさしかかる。
「登りがあれば、下りもある。
登りを如何に耐えるか、下りはそのままの勢いに任せればいい。」
最近そんなふうに思えるようになってきた。
この峠を越えれば、昼メシが待っていることがモチベーションとなる。

 

峠を越えれば、食堂があるはず、、、だったが、ない。
どうも繁盛していないので、
閉めてしまっているらしい。
テンションだだ下がりだ。

仕方なく市街地へ向かって歩く。
川を渡ると、「カレー」の登りを見つけた。

image
無我夢中で駆け込む。
出てきたのは、坊主頭の優しそうなおじさんだった。
注文は?と聞かれ、メニューを見る暇もなく、
カレーと頼む。
出出されたのは、
具が全くなにかわからない黒いカレーだった。
店主がなにかしゃべっているが、
そんなのお構いなしにスプーンを口に運ぶ。
「ウマイ!」
5分もしないうちにたいらげてしまった。

image

坊主頭の店主は高橋さんという、
この辺のラヂオで番組も持っている方だった。
この店は半分趣味でやっているという。
楽器がたくさんあり、京胡(ジンフ)という楽器の演奏を聴かせていただいた。
非常に哀愁ある音だった。

色々なお話を聞かせてもらったが、その中でも、

「人生は、垂れたクソのにおいを嗅ぐでねぇ」
という言葉が心に残った。
「いつまでも過ぎたことにくよくよするな」
の意味らしい。
言葉のインパクトもあって、強く響いた。

image

 

昼食をとると、俄然やる気になった。
走るのも軽快。
8km/Hぐらい出ていた。
そのまま1時間半くらい走り続ける。
雨が降ってもお構いなしだ。

なにか今まで寒さや体のこともあって、
どこかネガティブになったいた。
それも高橋さんの話をきいていると、
本来の自分を忘れていたことに気づいた。
「自分は荒唐無稽なことをしたくて、走っているのだ」
「自分の走りを見て、やる気になる人、なにかトライしてみよう、
と思ってくれる人がいるのだ。」
「その人達のためにも、僕が暗い顔をして走っていてはいけない」
「もっと明るく走ろう!」

調子が良くなってから、2時間は走った。
Googleで確認するがまだゴールまで、12kmある。
高橋さんの店から22kmしかないのに、
2時間で10kmしか移動していないのは、おかしい。
わけがわからないが、とにかく進む。

 

ゴールの士別まで、あと9km。
長い長い真っ直ぐな道が続く。
走っても走っても先が見えない。
「旭川まで○○km」という看板を目安に、
腕時計で時間を測るが、
「力を入れて出るスピード」と「1km辺りの時間」
に大きく隔たりがある。
時刻は5時半。
また夜を迎える。
そこからはもう歩くのがほとんどだった。
走っても、思ったより進まない。
夜の8時過ぎ、ゴールの民宿に辿りつけた。
泊めていただけないか、訪ねるとokだという。
金額は3,500円。
5,000円ぐらいだと、値切ろうと思っていたので、
拍子抜けだった。

image

今日の移動距離: 51km

累計:216km
北海道を抜けるまで:あと484km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)