歩くことの進化系が走ること

Home  >>  RUN  >>  ランニングフォーム  >>  歩くことの進化系が走ること

歩くことの進化系が走ること

On 6月 28, 2017, Posted by , In ランニングフォーム, With 2 Comments

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

 

 

 

 

歩くことの進化系が走ること

本日は先日、Cさんから頂いたRUNのお悩みごとについて、

私なりの解決方法を書かせていただければと思います。

 

Cさんのお悩みごとは次のようなものです↓↓

 

ランってほど走ってないですが、長距離を歩いたり走ったりすると足の裏が痛くなります。

場所は、足指の付け根からカカト方面に1cmくらいの場所と、カカトです。

何か足裏の痛みを軽減する方法があれば教えてください。

 

 

この問題に対して、私の改善のご提案は、次の3点です。

 

  1. 人差し指が進行方向をさすようにして、歩く。
  2. 着地した足を地面から離すのを少し遅くする。
  3. お尻に少し力を入れて、背筋を伸ばす。

 

■ 解説しますと、

「足の裏の一部が痛い」

ということは、

その部分に負荷がかかっているということです。

 

例えば、

「親指の付け根、かかとのキワが痛くなる」というのであれば、

そこを酷使していると思われます。

 

この場合、どちらかと言えば、

がに股に近い走り方(歩き方)をしていると思われます。

 

逆に、小指の付け根からかかとにかけて痛くなるのであれば、

内股になっていると考えられます。

 

 

■ つまり、

「痛みを感じる箇所が接地面になっている」ということになります。

その場所を避けるようにして走ればいいのです。

 

口で言うのは簡単ですが、

そこを完全に避けて走ることはできません。

 

そうすると、足の外側ばかりが接地面となり、

足首が体重を支えきれません。

 

理想としては、

人差し指の付け根の少し下から着地することです。

そうすることによって、痛みを感じる箇所への負荷は軽減されます。

 

これがうまくいくと、

若干の内股ではありますが、人差し指が進行方向に向かって走る(歩く)ことになるはずです。

そうすると、身体の回転が減り、労力のロスが減るはずです。

 

 

簡単に図解すると、次の図のようになります。

 

 

 

 

■ 次に、

足の離陸を少し遅らせ、着地している時間をほんの少し長くします。

そうすることによって、

前傾姿勢になって、膝の曲げの角度が少なくなり、

かかとへの体重の負荷が軽減されます。

 

これを繰り返していくと、スピードが上がり、

一歩前に踏み込んだ時にスムーズに体重移動が行われます。

 

膝が曲がっていると、足の裏で地面を掻くような形になり、

足の筋肉に力みが発生します。

この力みは走るのには役立ちません。

 

力みなく、スムーズな体重移動をして入れば、走ることは容易にできます。

 

 

■ 最後に、お尻に少し力を入れて、背筋を伸ばします。

背筋を伸ばすことによって、腹筋の力を使い、足を太ももの付け根から持ち上げて次の一歩を踏み出します。

この持ち上げ具合によって、前に進む歩幅が変わってきます。

 

ですが、このときの歩幅は大きくなくてもよく、

前に伸ばして一歩を踏むより、

身体の少し前か、ほぼ垂直ぐらいで踏むような形が良いです。

 

 

先にも書きましたように、

地面をひっかくようにして走ることは、走るためのは有用ではない筋肉の使い方なので、

足の接地面での衝突や摩擦は避けたいところです。

これを実現するためには、身体の少し前かほぼ垂直ぐらいで足をつくようにし、

なめらかな体重移動をするようにさせます。

 

また、

背筋が曲がっていると、腰に衝撃が伝わるようになり、

がに股になって膝も曲がり、余計な力が入ってしまいます。

 

 

 

 

これらは、走るときもそうですが、

歩くときから意識した方が良いでしょう。

 

「歩くことの進化系が走ること」

と、とらえていいと思います。

 

競歩の選手をイメージしてみるのもいいでしょう。

 

また、年配の方の走り方を見てみると、

長く走ることを念頭に置いているためか、先に言ったような走り方をしている方が多いことに気づきます。

 

以上、長く走るため、歩くための私なりの解決方法のご紹介でした。

 

引き続き、どんどんご質問をお待ちしています!

 

あなたのフォームは、どんなフォームですか?

 

 


[まとめ]

  • 歩くことの進化系が走ること。
  • 痛みがかかる箇所に負担がかかっているので、それを全体に負荷をかけるようにする。
  • 年配の方や競歩の方の走り方は、長く走ることに適した走り方をしている。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

本日の走行距離:ーkm

今日現在の総距離:559.3km

600kmまで40.7km!

今日はこれから走る予定です。

 

 

本日もブログサイトの最良を行ったのですが、

お気づきになりましたか?

 

本当はRSSという他の方のサイトを自動でフィードさせようとしたのですが、

いくつか問題があり、断念しました、、、汗

なにかいい方法があればご教授願いますm(_ _)m

 

2 Comments so far:

  1. C より:

    分かりやすい説明ありがとうございます!

    早速、廊下で実践してみました。

    まだ意識して歩いているので変な感じになってますが、自然にできるまで練習してみようと思います。

    • 赤山 雄治 より:

      コメントを頂き、ありがとうございます!
      知識は身につけてこそ、意味あるものになります。
      慣れるまでは何度も何度も繰り返し、是非習得してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)