『12th day ー 2度あることは、3度ある。』

Home  >>  日本縦断  >>  『12th day ー 2度あることは、3度ある。』

『12th day ー 2度あることは、3度ある。』

On 9月 26, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:20 AM

寒さで目が覚めた。
時計を見ると、まだ5時である。
周囲に歩いている人がいるのだ。
頭までかぶった寝袋から顔を出すと、
強い風が顔に吹き付け、また寝袋に潜る。
何度か繰り返し、出たり入ったりしているとだんだん慣れてきた。
何人かの人に声をかけられた。
中には、「ジュースでも買って」と小銭をくれる人もいた。
あまりお金を貰うのは、ホームレスみたいで惨めだが、
(野宿するくらいなら、変わらないか笑)
断るわけにもいかない。
あまりグズグズしていると、
今日の目的地、長万部まで辿り着かないので、
寒いが、さっさと準備する。

 

1時間半かけて道の駅「あぷた」に到着。
8.8kmだからそんなに悪くない。
今日も暑い。風は少しふいている。
遙か向こうの対岸に見えるのが、今日の目的地長万部。
まだ46km。
今日もまだ始まったばかりである。

 

image

カボチャが店に並んでいる。

北海道は本当に農業が盛んだ。

ここに来るまでに、

キャベツ、ジャガイモ、イチゴ、コメ、など、

他にも見たような気がするが、

とにかく種類が多い。

そして、キツネに、ウシに、シカなどの動物。

普段、大阪ではまずお目にかかれないものがゴロゴロしている。

北海道のスケールの大きさを感じる。

 

 

12時。
ようやく17km地点、今日最後のコンビニである。
ここからは山道が30kmばかり続くと思われる。
本当はあと14km行った地点で昼にしようと思っていたが、
持ちそうにないので、
ここで食べることにする。
天気は良好。
走り続ければ、日暮れには峠を越えられるか…

 

image

ついに函館までーkm、の看板が見えた。

看板だけでなく、海を挟んだ遙か向こうの大地も函館を指す方角である。

まだ霞むほど遠い。

 

 

image

緩やかな山道を行く。
もう3時間は歩いたり、走ったりを繰り返した。
まだ峠を越えるまで12kmある。
2時間半と行ったところか。
行っても行っても山、山、山…
イヤホンではミスチルが流れている。
水も少ない。
もう音楽に身を任せ、なにも考えないことにした。

 

 

image

新礼華トンネル。長さ1.3km。
今回最大のトンネルだ。
真っ直ぐなトンネルなのに、出口の光が見えない。
それほど果てしなく遠い。
これまで登りは歩いていた。
いや、登りのように見えたから歩いたのだ。
登りかどうかは定かではない。
そう感じただけだ。
だが、それもこの最大のトンネルのために力を残しておいたのだ。
2度あることは、3度ある。

トンネル内では、とにかく走った。
轟々と車が近くなる度に、激しい音がなる。
ミスチルではとてもかき消せる音ではない。
道幅は幸いにも少し広い。
ひんやりした空気と、
前か後かもわからない車が響かすけたたましい音は、
生きた感じを失くす。

 

image

無心で走り続けること、13分間。
やっと終わったトンネルの先には、
足もすくむような高さからの海が見えた。
高所恐怖症ではないが、
万が一、をイメージしてしまい、
崖から少し離れて走った。

 

 

image

午後5時半、ようやく峠を越えた。
日暮れ前にもかかわらず、
山道では冷えてきていたので、
急いで正解であった。
自分が立てた目標を初めてクリア出来たように感じて嬉しい。

 

そこから宿までは一直線の道だった。
ひたすら長い道を2時間ほど歩き、寒くなってきたころ、
長万部の街に到着。
宿も幸運にも部屋が空いており、宿泊出来た。

 

 

今日はかなり疲れた。
今日は北海道の中でも指折りのコースだっただろう。
宿に着いてからも、
食事や風呂など、いつもの倍以上時間がかかった。
それだけ、疲れていたのだと思う。

image

今日の移動距離:55km

累計:606km
北海道を抜けるまで:あと99km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)