『23rd day ー 気の持ちようでパフォーマンスも変わる』

Home  >>  日本縦断  >>  『23rd day ー 気の持ちようでパフォーマンスも変わる』

『23rd day ー 気の持ちようでパフォーマンスも変わる』

On 10月 7, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:07 AM

image

今日は昨日とはうって変わって、天気が良い。
むしろ暑いくらいだ。
日差しが当たれば暑く、
雨風になれば汗でかなり冷える。
ただ走っているだけなのに、
天候一つで右にも左にも大きく振れる。
2日ぶりの荷物は重く感じる。
スピードはそこそこ、着実に走る。

 

一関市に入り、一関学院高校の横を通った時、
突然、歓声が上がった。
おそらくバスケ部と思われる学生が
20人ほど体育館の裏手に出てきて、
こっちを向いて拍手と声援を送っている。
一瞬、誰に向けているのかわからなかったが、
どうも僕に向けてらしい。
これまでにない応援だったので驚いたが、
左手をあげて声援に応えた。
それからしばらくは声援のおかげもあって調子良く走れた。

 

image

またしばらく行くと、
峠に差し掛かり、「宮城県」の看板が見えた。
4つ目である。
今回は特に感慨にふけることもなかった。
それより、早く仙台に着きたかった。

 

image

本当に良い天気だ。
ミスチルの”蘇生”がよく似合う。
何か始まりそうな雰囲気だ。
走るのも気持ちが良い。
全く苦痛に感じない。

気の持ちようによって、パフォーマンスも雲泥の差になることをよく実感する。

 

 

昼食をはさみ、また走り出してすぐに農道に入る。
農道は景色が変わらないし、舗装されていないから、
小石を踏むと痛い。
もっと細かな爪ぐらいしかない石が靴の中に入り痛い。
何度もそれを取り除きながら、2時間以上も走った。

image

 

バイパスに入り、道も良くなった。
仙台までの距離が表示された。
あと62km。
明日走れば、仙台に着く。もう目の前だ。

image

ちなみに、ここから東京まではこちら。

image

とりあえず、「東京まで◯◯km」は気にしないことにする。

いつも3・4・5時台のレポートは少ない。
日が傾いてきて走りやすく、
また、風景が変わらないこともあって、
印象に残らないからだ。
この日も特に書くことはない。
ここまで来ると、ゴールが見える分、
早く着きたい気持ちが増してくる。
と、思った矢先、後ろから自転車に追い抜かれた。
その荷物からして長旅をしているやつだ。
武本さんというたぶん学生だ。
どことなくコミュニケーションが辿々しい。
日本一周しているというわりには、髭を生やしていない。

image

彼は今日、古川の道の駅までいくという。
僕も当初、その道の駅を寝床の候補にあげたが、少し遠い。
今日の目的地より、7km遠い。
最初からそこを目標に走ってきたならまだしも、
あと十数キロとなった今では、少し悩む距離である。
走るモチベーションが違うのだ。

彼は日本一周をしていて、
これから地元の舞鶴に向けて帰る途中だという。
急ぐのではなく、旅をしている感じでいろいろまわっているそうだ。
今後のルートを聞いたが、
僕とよく似ているのでまた何処かで会うかもしれない。

 

 

image
武本さんと別れて、またGooglemapに従って走っていると、
また農道に出た。
もう夕暮れ時である。
足元が見えなくなってきているのに、
砂利道はやめてほしい。
またにヘビもいて、踏む直前で避けるのはヒヤッとする。

 
農道を抜け、ようやく大崎市内に入ったときに、
今度は外国人のチャリダーに声をかけられた。
いや、何か違う…
彼らはキリスト教の布教活動をしている人たちだ。
彼らは最初日本語で話しかけてきたので、
できるだけわかりやすい日本語で返したが、
日本語で説明するのがめんどくさくなったので、
英語で会話した。
英語で話すのは久しぶりだったので気持ちよかった。
ただ、彼らが「COOL(かっこいい)」と言ったのを
「COOL(寒い)」と間違えたのは恥ずかしかった(・ω・)ノ

 
さて、今日も6時過ぎに目的地・大崎市古川に到着である。
今日の寝床はこれも今回の旅、初の漫画喫茶である。
漫画喫茶自体は慣れているが、
こんなボロボロの身なりで入店拒否されないか、
と思ったが、案外すんなりと受け付けしてもらえた。
漫画喫茶は、風呂はないけど食事も買えるし、
ドリンク飲み放題、フラットなシートの上で寝られるのもいい。
金額も2000円代とリーズナブルである。
残金が減ってきているので、
費用は節約する必要があるかもしれない。

 

imageimage

今日の移動距離:54km

累計:1100km
東京まで:あと380km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)