『24th day ー 荷物と一体化する』

Home  >>  日本縦断  >>  『24th day ー 荷物と一体化する』

『24th day ー 荷物と一体化する』

On 10月 8, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:33 AM

出だしはまぁまぁのペースで走る。
昨日チャリダーの武本さんが泊まったであろう道の駅までは道は緩やかだった。

image

がしかし、道の駅を過ぎてからが過酷だった。
傾斜20度くらいある坂を登り、
高速を迂回する形で山道をくねくね走る。
普通の人は絶対来ない田舎である。

image
どの街でも、少し郊外に行けば田舎であることが多いが、
仙台も例外ではない。
やっと山道を抜けて工業団地まで来たときに、
2時間半経過。距離は13kmちょっと、と全然進んでない。
今日は大変な一日になりそうな気がする。

 

 

12時過ぎ、
仙台で会う約束をしているM田さんに、
予定していた3時に遅れることを連絡する。
ここから27kmを3時間で走るのなんて無理だ。

しかし、人を待たせるのは悪いので、
そこからは必死に走った。
時計も見ず、もちろんiPadも取り出さず、走り続ける。
人が待っていると思うと、おのずとスピードがあがる。
本当に集中して走り、車や路上で応援している人に気づかないくらいだ。
この時の僕は、かなり無愛想に見えたに違いない。
行けるところまで、走れるところまで、
坂であろうと、休まず走り続けた。

 

国道4号線から22号線に入った。
この22号線は、歩行者は丘の上を行く道路になっており、
車は丘の中をトンネルを通っていくようになっている。
おかげで僕は勾配のある坂を行かなければならない。
自転車でさえ、降りて押して歩いている人の横を、
僕はせっせと走り抜いて行った。

 

丘を越えると、もうそこは街であった。
大型スーパーや学校もあり、
買い物客や登下校の学生と多く出会った。
僕は明らかに浮いた存在であったが、
そんなこと気にしてられない。
彼らとぶつからないように縫うようにして走った。

 

仙台駅が近づくにつれて、速さが増してきたのがわかる。
荷物も旗も全く気にならない。
普通に走っているかのように、軽快に走っている。

背負っている荷物と一体化したような感じだ。

こんな体験は初めてである。

 

image

そのスピードのままに仙台駅に到着。
少しお互いの居場所がわからなかったが、
M田さんもちゃんと会えた。
そこから二人で名取市まで10km走った。
M田さんと、ランのことや大会の予定、
日本での生活のことなど走りながら喋っていた。
人と話していると時間はすぐ過ぎる。
1時間ちょっとで名取市まで着いてしまった。
普段なら道をいちいち確認しなければならないが、
M田さんが道を知っているのも大きかった。

image

名取に着き、M田さんに牛タンと銭湯を奢ってもらった。
僕は牛タンを「焼肉に出てくる薄い肉」と勘違いしていたので、
仙台の牛タンには驚いた。そして美味しかった。
銭湯でもゆっくりし、M田さんから新しいTABIOのソックスをもらった。
やっとテーピングで補強せずに走れる。

 

image
M田さんはその後も9時くらいまで付き合ってくれた。
明日も仕事だろうに、本当に有難い。
ベトナムから帰国すると、
それぞれの仕事があり、住む場所も違う。
なかなか会えなくなるケースが多い。
僕は縦断が終わったらどうなるか、わからないけど、
でも、今日みたいにまたいつかみんなと会いたい。
どこかの大会で一緒に走りたい。
「走っていれば、またいつか逢える」
日本帰国前に知り合いの方が言われた言葉。
僕も明日も走ろう。

 

image image

今日の移動距離:50km

累計:1150km
東京まで:あと330km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)