『36th day ー 明日があるから、泣いてなんかいられない』

Home  >>  日本縦断  >>  『36th day ー 明日があるから、泣いてなんかいられない』

『36th day ー 明日があるから、泣いてなんかいられない』

On 10月 20, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

9:30 AM

車が行き交う音で目が覚める。
時刻は5時40分。
気づくと、昨日同じように野宿した人は、もういなかった。早い…
僕もゆっくりではあるが、準備する。
右のシューズは底が外れかかっているので、
テーピングを二重にして補強しておく。

 

image

さっそくトンネルを迎える。

が、歩道もしっかりある。

こんなトンネル、今までいくつ乗り越えて来ただろう?

 

 

今日は曇りのようだ。
暑くても疲れるので、ちょうどいい。
昨日は、足の痛みで朝は走れなかったが、
今日は2時間で12km、ちゃんと走れた。
あまりスピードがでないのは、残念だが、これ現状の精一杯の速さだろう。

image
4時間半かかって大井川まで来た。
ペースは早いとは言えないけど、
昼間はいつもこうだから仕方がない。
ここからお茶畑を迎える。
昔、小学校の教科書で学んだように、
段々畑になって、お茶の葉が植えられている。
葉に鼻を近づけても、お茶のにおいはしないが、
青々とした葉に日光があたり、キレイだった。

image

 

お茶畑を登り終えたときには、もう3時だった。
イメージより遅い。
しばらく本気で走ることにした。
1号線をひた走る。
途中で雨が降ってきた。
最初は大したことなかったが、次第に豪雨となった。
これには耐えかねて、立体歩道橋の下に逃げ込んだ。
しばらくすると、少しマシになったが、
以前として降っている。

雨はほんとうに嫌だ。
知り合いは
「極限状態になると、
雨や風などハードな状況を受け入れて、泣く」
のだそうだ。
僕は全く逆で、
「この止まない雨に対して、怒る」
のである。
なぜなら、
怒るというには心に火を付けることであり、
それを燃料に走れるからだ。
それに僕に場合、
今日が終わっても明日があるのである。

明日があるから、泣いてなんかいられないのである。

もっというと、
極限状態で燃え尽きるようなことはあってはならないのである。

image

雨はかなり長い間降り、
目的地に設定していたホテルも閉めてしまっていたようで、
そこから1km先の磐田駅の駅前ホテルで泊まった。
ダブルの部屋しか空いてなかったが、仕方ない。
もうこれ以上雨の中を彷徨うのはウンザリだ。

imageimage

今日の移動距離:56km

累計:1736km
大阪まで:あと296km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)