『55th day ー 太く生きる。』

Home  >>  日本縦断  >>  『55th day ー 太く生きる。』

『55th day ー 太く生きる。』

On 11月 8, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

9:36 AM

朝起きたが、それほど寒くない。
天気は曇りのようなので、走りやすいかもしれない。

image

 

11時、国道443号線にでた。
この道が最悪だった。
片側一車線の狭い道路なのに大型のダンプカーが行き来する。
コンビニもなく、僕は昨日の夜食べたて出たゴミを抱えたまま、
3時間も経っていた。
歩道の狭さと車の往来、ゴミに、足の痛み、しかも、登り。
もう最悪にもほどがある。
トラックの運転手を恨む。
明らかに抜け道で使っているだけで、こんなところに用があるわけない。
400番代の国道に大型車が通ること自体、間違っているのだ。

image

 

今日はずっと山道が続く。

熊本にも入ったが、毎度代わり映えのしない道なので書くこともないので、

ここで最近僕に起こっているある現象について書きたい。

広島を過ぎたあたりから起こっているのだが、

それは「デジャブ」だ。

image

 

毎日違う道、新しい土地を走っているわけだが、

「あれ?ここ知っている」「前に通ったような…」といったような記憶がある。

それはもちろん通ったことがあるのではなくて、

同じような場所をこの2ヶ月の間に何十回も見てきているから、そう錯覚するのだ。

このような錯覚が一日に何十回も起こる。

たとえば、郵便局を見ると、

「相生のホテルに続く道路を左折するときに、角に郵便局があったこと」や

ミニクーパーのショールームを見ると、

「盛岡駅を越えて少し行った斜めに入る道の右側にミニクーパーのショールームがあったこと」

自転車に乗った中学生を見ると、

「岡崎の手前、20kmあたりの峠で中学生の集団に追い抜かれたこと」

ベンチを見ると、

「静岡の吉原に向かう途中、ただまっすぐの並木道に木のベンチがあり、もうここで寝ようか。と考えたこと」

などなど、

ブログにも、写真にも残らない、僕の記憶の中に焼きついている数々のシーンがフラッシュバックしてくる。

それだけ印象が深いのだろう。

そんな記憶が、この2ヶ月で膨大に記憶されている。

「一生に残る思い出」とは、こういうことなのかもしれない。

 

image

よく、「太く短く生きる」とか「細く長く生きる」とかいうのは、

「思い出の質と量」によって分類されるのではないだろうか。

僕は断然「太く生きる」「濃い質と量を短時間で経験する」ほうを勧める。

なぜなら、太く生きるほうが時間を有効に使っている気がするし、

たとえ少しの無茶(といっても人によって程度は違うが)をしても、

だいたいは死ぬことはないのだ。

反対に、長く生きようとするために、できる限りのリスクを排除しても、死ぬときは死ぬのである。

台風や地震など天変地異が絶えない日本ならなおさらだし、

乗っている電車が衝突事故を起こすことや、突然天井が崩れ落ちて生き埋めになることだって、あり得ないこともない。

長く生きるというのは、そういった”IF”を排除して成り立つものである。

それでも想定外のことは起こり、死に至ることだってあるのである。

 

 

僕が尊敬する人の一人に、一ノ瀬泰造というベトナム戦争時代に活躍した写真家がいる。

その人の言葉で、

「常に死を意識したとしても、また、生に執着したところで、

人間どこに居ても死ぬときは死ぬ」

という言葉がある。

まさにそのとおりではないかと思う。

そんな戦時下で生きているわけではないが、

たまたま私たちは生きながらえているだけで、何かの拍子に死が訪れることだってあるだろう。

だから、いつ来るかわからない死を恐れるのなら、

それまでに後悔しない、濃い、太い人生を歩むほうがいいのではないか。

そんなふうに思うのである。

この2ヶ月は、めちゃくちゃ濃く、たとえ半年後に死んだとしても、

人生を後悔しない記憶になるだろう。

image

 

さて、8時過ぎに熊本市の中心部に到着。

繁華街は賑わっており、明らかに場違いだったが、正々堂々と走り、ネットカフェに到着。

もうここを過ぎると、こういった繁華街を走ることがないかもしれない、と思うと少し寂しかった。

image

 

imageimage

 

今日の移動距離:55km

累計:2740km

佐多岬まで271km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)