『59th day ー 日々、上を目指す』

Home  >>  日本縦断  >>  『59th day ー 日々、上を目指す』

『59th day ー 日々、上を目指す』

On 11月 12, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:57 AM

天気もいい。寒くもない。

今日もできるだけ早く出発しようとしたが、9時前。

日暮れまでにどこまでいけるのか?

image

2時間ほど走っていると、桜島が見えた。いい眺めだ。
久しぶりに景色を楽しんでいる気がする。

 

 

最初の峠を軽く超え、海岸線をひた走るが、

あまりにもコンビニが見当たらないので、

Googlemapで調べてみた。

すると、

あと16kmも行かないとコンビニはないという大汗
これは全く予期していなかった。。。∑(゚Д゚)

 

急いで気持ちを切り替えて走る。

うかうか飲み食いしながら走っていると、手持ちの物資をすべて消費してしまう。

 

image

昨日走りながら考えていたのだが、最後にちょっとトライをすることにした。

今日は、最後にして最長の距離を走る。

その距離、70km!
もうウルトラレース並みの距離である。

なぜこのようなトライをするか、

それは、「同じことを毎日していても進歩がないから」だ。
日々、上の目標を決め、トライしないと、人間は成長しない。

50kmを走ることが日常的になっている今、

その上を目指すのであれば、この70kmにチャレンジする価値はある。

無理しているのは、承知の上。

最後なんだから限界まで走ろうじゃないか⁉︎

ということで、今日は70km。

悠長に構えていては失敗に終わる。

 

 

image

長い。。とにかく長い。。。
少しづつ、本当に少しづつ、近づく半島の突端を横目で見ながら、

雲がかかった桜島を右手に、
走り続けた午後1時。
急にぽつぽつと、雨が降り出した。
少し前から雲が広がっていたので、
「ついに降り出したか…」と思ったら違った。
ぽつぽつと音はなるものの、
雨は感じない。
「なんだ?」と思ったら、

火山灰だ‼︎\(◎o◎)/!

桜島のほうに雲が出ていたのは、噴火していたからだ!
最後にこんなサプライズが待っているとは…((((;゚Д゚)))))))

image

一度降りだした火山灰で、瞬く間に視界が遮られた。
火山灰が目に入って全く前を見ていられない。

体に打ちつける粉塵は雨と全く同じ感覚。

だが、雨よりもたちが悪い。
灰は車が通れば、舞い上がり、ウェアも帽子もすぐに真っ白になった。
運よく、近くに道の駅でしばらく退避して難を逃れたが、
まさか最後にこんな試練が待っているとは、、、
大自然は驚異である。

image

 

 

道の駅を過ぎてからも火山灰の脅威は続いた。
火山灰が止んだ後も、粉塵は砂ぼこりとなって強風とともに体に打ち付ける。

しかもかなり強い風である。
もう前など見ている余裕はない。
自分の足を見るぐらい背中を丸めて、帽子で顔を砂埃から避けて走る。
その区間は2kmほど続き、必死に前へ進んだ。

image

 

 

 

午後2時過ぎ、
桜島を背にして走るようになってからは、
砂ぼこりも止み、ようやく走りやすい道にでた。

image
でもまだそこで30km。
そこでまだ半分も終わってない。

 

しばらく行くと、南鹿児島の地図があった。

自分がいる現在地がわかる。

それと同時に、佐多岬が見える。

もう目の前にそれはある。

長らく追いかけてきたそれはもう目の前にある。

image

 

5時半、ようやく鹿野市に入った頃、日が暮れた。

ここまでで50km。
いつもなら、もう終わっているか、もうあと数キロというところだろう。
でも今日はここからあと20kmある。
気温は低くないが、風があるため、体感温度は低い。
なんとしても、残り20kmを今日行かなければならないのだ。
明日のために。

 

実は、今日70kmを走ることにしたのは、

もうひとつやりたいことがあったからだ。

それは、「最終日は日が沈むまでにゴールすること」だ。

そのためには、今日70km走ることで明日を短くする。

今日多少無理してでも、最後ぐらい有終の美を飾りたい。

この2カ月の最後。すべては、その一瞬のために。。。

 

 

「最後なんだから、這いつくばってでも、足をひきづってでも、ゴールに向う。」
それくらいの気概で行こう。あと20kmなんだから。
なにもない真っ暗の中をただただ走った。
気持ちを紛らわすために音楽を聴いていたが、
音楽を覆いかぶさるように風がゴォーゴォーっと、耳をつんざいた。
ふと、イヤホンをとってみると、
風で樹々がものすごい勢いで揺れる音と、
波が強くうねる音で、
周りを囲まれているようだ。
なんとなく振り返るのが怖くて、ただ懸命に走る。

 

 

それも1時間半が限度だった。
もう体力は残っていない。当たり前だ。
ここまで60kmも走ったんだから。とっくに限界を超えている。
それにこの坂、いつ終わるのだ?
何度もアップダウンを繰り返し、先が全く見えない。
「もうこの坂を越えれば…」と、
何度も何度も望みをかけては裏切られる。
もう白線だけを追って歩く。

 

image

 

「佐多岬」の文字が見えた。

進むべき道標が、これ以上先のない最終地点が。

この文字をこの2か月どれだけ追い続けてきたことか。。。

 

 

暗闇の中、どれくらい歩いただろう。。。

風に、上り坂の繰り返しで、走ることなんてできる状況ではない。

時計をみると、まだ10分しか経っていない。
もう考えることなど、なにもない。
道も確認する必要ない。
ただひたすら足を動かす。
なんでもいいから、叫びたくなり、
聴いていた音楽を叫ぶ。

何を歌ったか覚えていない。

ただ気持ちを紛らわせたかった。

とにかく早く着いてくれ。。。
錦江の道の駅に着いたのは、夜の10時。

コンビニが間近くにあったのが、幸いだった。

寝床を探すと、木のベンチと机があった。

(ここで寝れる。)

と、思いきや、先約がいた。

旅行をしているだろう人のチャリがあった。

が、姿が見えない。

(どこにいるのだ…)

気になるが、もうそんなことかまってられない。

寒い。。。寝たい。。。

しばらく寝袋にくるまって震えていると、

突然、目の前で何かが動いた。

最初、外人かと思った笑

向こうもちょっと驚いているようであった。

「日本語わかりますか?」

かなり失礼であった笑

image

彼女は、女性チャリダー・大島さん。

姿が見当たらなかったのは、女子トイレで充電してたかららしい。

女性で一人旅のチャリダーとは、スゴイ…しかも野宿って汗

が、自分だってここまで走ってきた自負がある。

僕も、胸張って「北海道から走ってきた」と答えた。

 

ちなみに、夜中にこのラン、2度目の職質を受けた。

警察官は前回と同じ2人。

前回、同様、いろいろな質問に答えたが、どの答えにも唖然としていた。笑

 

imageimage

 

今日の移動距離:70km

累計:2966km

佐多岬まで42km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)