『5th day ー ただただ遠く、遠くを見る』

Home  >>  日本縦断  >>  『5th day ー ただただ遠く、遠くを見る』

『5th day ー ただただ遠く、遠くを見る』

On 9月 19, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:53 AM

5日目スタート。
今日はGPSの計測器を導入してみる。

速度はあまり上がらない。
足が痛い。

image

旭川まで48km。
すっとこの看板を減らすことだけを考えてきた。
稚内から247km、
ようやく今日走り切れば、旭川に着く。

 

途中、農道を歩くおじさんに声をかけられた。
こういう人の応援が走っているときの力となる。

 

剣淵の道の駅で生まれて初めてレッドブルを飲む。
口に含んだ瞬間、慣れない味に吐きそうになる。

レッドブルを飲むと、不思議と走れるようになった。
足の痛みも感じない。
が、副作用が気になる。

レッドブルのおかげですいすい走る。

 

 

北海道の天気はコントロールしにくい。
ちょっとでも日が出ると、腕をまくらないといけないほど、暑い。
しかし、5分もすれば、雨具でも覆いきれないほどの雨が降る。
そしてまた、すぐに日が出る。
北海道で生きている人は、これに雪もついてくるのだから立派だと思う。

 

image

どんな漢字書くねん⁉︎

 

image

image

昼は塩狩峠でそばを食べた。
ウマイ!空腹のせいもあって、胃にどんどん入っていく。
あっ、と言う間に完食。
そしてすぐにまた走り出す。
ゆっくりしている暇はない。

 

ここから峠が本格化する。
アップダウンのある道が遥か先まで続いている。

image
気合いで走る。
天候も良くないが、そんなことかまってられない。

コツコツ地道に走り続けること30分あまり、
ようやく峠を越えると、農道に入る。
ジグザグに道を進むせいか、全然近づいていかない。
レッドブルをもう一本買い飲むが、
以前より効果はでない。
むしろ前半調子が良かったせいもあり、
太ももの筋肉が痛む。

 

 

image

image
途中、無人駅を見つける。
駅と言うか、廃墟に近い。
この地方の人は電車なんて乗るのだろうか?
明らか車がないと、生活できない土地なのに、
電車は必要だろうか?
また小さな山が見る。
GoogleMAPはその山の方へ行け、
と言っているのだから仕方がない。
あまりスピードが上がらないので最短ルートで行く。
山はそんなにきつくなかった。
下りにさしかかると、
「旭川市」
という看板があった。
やっと、やっと、念願の旭川に入ったのだ。
ここまでの道のりを思い出される。

image
山を越えると、一面田んぼと真っ直ぐな道が広がっていた。
地図で確認すると、4kmも続いている。
気合いを入れて音楽を聴き、走る。
この時は無心で走った。
ただただ遠くを、遠くを見る。
焦点がボヤけるが、その方向だけは外さない。
そうしていると、体の痛みもどこか忘れられた。
30分弱で4kmを走破。

 

ようやく街中に入る。
もうあと10kmを切っているが、キツイ。
いつもここからがキツイようだ。
何度か止まりながらも進むこと。1時間半。
目的地旭川のゲストハウスに到着。
運良く部屋も空いており泊まることができた。

連日、限界の一歩手前まで追い込まれている。
明日は少し短い。
明日は余裕を持ってゴールしたい。

image

今日の移動距離: 53km

累計:269km
北海道を抜けるまで:あと431km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)