『60th day ー いつも誰かの背中を追いかけている』

Home  >>  日本縦断  >>  『60th day ー いつも誰かの背中を追いかけている』

『60th day ー いつも誰かの背中を追いかけている』

On 11月 13, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

9:24 AM

今日は、最終日。

佐多岬までもう走るだけだ。走らない理由はない。
足に動くよう指示し、動かす。
止まる理由がどこにあるだろうか?
最初から全力で。最後まで全力で、走るのみ。

image

 

天候も良く、2時間で14km進んだ。
全体の1/3だ。残り28km。
もう、4,5時間もすれば全てが終わる。
そう思えば、なぜだろう、急に走る気がしなくなった。

走らない理由、そんなもの今までなかったのに。

それが今、ゴールを目の前にして、走らない理由ができてしまった。

このランが終わってしまうことが、どことなく淋しい。

image

 

ところどころ工事していたこともあり、走りにくかったが、

トラックに気をつけながら、走り続け、

午後1時半過ぎに伊佐敷という町についた。

ここでスーパーで弁当を買って食べる。

ここからは、もうなにもない。ここが最後の町だろう。

佐多岬まで、もう残り16kmしかない。

 

 

弁当を食べていたが、

風が冷たく、あまりベンチに長く座っていたくない。

走りたい。。。

だが、かと言って、

走れば、このランの終わりに近づく。

それも嫌だ。。。

 

そんな葛藤(?)の中、
つい、スーパーでゆっくりしてしまい、気づけば2時半になっていた。

このままでは日暮れに間に合わない危険さえ出てきた。大汗

これでは昨日がんばったのが、無駄になってしまう!

走らねば。

とやかく言っている場合ではない。

最終的な答えは最初から決まっている。

「行くしかない」

ただそれだけだ。

image

 

残り10km。
高さ150m、斜面の急な峠を息切らせながら、でも足は止めずに登り、
前方に海が見え始めたときだった。

 

突然、後ろから風が吹いた。

「走れ」

誰かがそう言っているような気がした。

ふいに、誰かが前を走っていた。

今まで一緒に走った人たちだ。

 

走る会の仲間、H澤さん、I田さん、M田さん、SS木さん、

アドミラルのメンバー、AKB、T田さん、N葉さん、

サハラで会った仲間、F岡さん、R君、

今まで一緒に走ったことのある、たくさんの人達が僕の前を走っていた。

それに追いすがるように僕は必死に走った。

 

いつもそうだ。

僕はいつも、いろんな人に引っ張られて走ってきた。

一人ではここまで走れなかったんだ。

image

 

今まで書かなかったが、

辛いとき、挫けそうなとき、

いつもだれかが前を走っていた。

いつも誰かの背中を見ていた。

いつも誰かを追いかけていた。

先の見えないトンネルも。

止まない雨の中も。

いつ終わるかもしれない上り坂も。

凍えそうな山道も。

帽子も吹き飛ぶ向かい風の中も。

月明かりだけの暗闇の中も。

 

辛いと感じたすべての瞬間に、

誰かが前を走っていて、

それに置いていかれないように、必死で走っていた。

それによって、落ちてしまいそうな自分自身を躾け、走り続けてきた。

そんな人たちがいたことからこそ、ここまで走れた。

そんなたくさんのランナーの方に、ほんとうに感謝している。

ありがとうございます。

 

 

そんな感謝の気持ちと、これまでの長い長い道のりを思いだし、

気づけば、泣きながら走っていた。

対向車がほとんど来ないことをいいことに、流した涙も拭わずに。

ただひた向きに走っていた。

 

 

image

午後4時過ぎ、

佐多岬の麓の村、大泊に着いた。

ここを右に曲がれば、GoogleMapを見ずとも、佐多岬に着く。

もう迷うことはない。

 

 

image

交差点を曲がって少し行くと、佐多岬がある半島が見えた。

これまでに、いくつもの半島の突端を目指して走ってきたが、

あれが日本本土の最南端なのだ。

もうあれ以上先に走れる道はない。

 

 

いろいろな人に引っ張られて走ったおかげで、

太陽はまだ沈む気配はない。

このまま行けば、日暮れには間に合いそうだ。

昨日、強風と闇の中、70㎞走ったのが報われる。

 

 

 

image

午後5時ちょうど、佐多岬に到着。

まだ先の方に灯台が見えたが、これ以上、先にいける道はない。

最南端に着いたのだ。

 

 

 

何か呆気なかった。

自分でも、到着した時にどのような感情になるのか、わからなかったが、

そこで感じたのは、

ただの『無』だった。

なにも感じなかった。

ものすごい達成感を感じるかと思っていたが、それも感じなかった。

『終わった…』

それが素直な感情だった。

ただ、無性に叫びたかった。

 

『終わったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁー!!』、と。

(そして、実際に大声で3回も叫んでいた。(笑))

 

でも他に言葉が出てこず、

それからしばらくは放心状態だった。

「もう、これ以上なにもを考えなくていい」

そういった60日間に及ぶRUNからの開放感があったので、思考も停止したのかもしれない。

とにかく終わったのだ。すべてもう考えたくない。

 

 

 

西の空を見ると、雲の切れ間から夕陽が見えた。

薄明かりの微かな夕陽だった。

すぐに太陽はまた雲に隠れてしまった。

たとえまた太陽が顔を出したとしても、

もう二度と同じ気持ちで夕陽を見ることはないだろう。

「二度と来ない、二度とない、その一瞬」は、僕の中で終わってしまった。

 

 

 

僕は、その一瞬の後味を確かめながら、西の雲を見て、そこに立っていた。

 

 

 

 

―こうして、僕の60日間に及ぶ3,000㎞のRUNは終わった―

 

 

 

 

最後に、

これまで長い間、くだらないバカな企画にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

自分でもこの企画を思いついた時には、

ほんとうに日本縦断できるとは、思っていませんでした。

「とにかく行けるところまで行こう、走ろう」

そう思い、

仕事も辞め、ベトナムの家財道具すべてを引き払って

ただ走るためだけの目的で日本に帰ってきて、

勢いだけで、宗谷岬までの片道切符を買い、

一歩、また一歩を足を前にしたことが、

3,000㎞、日本縦断という結果となったのだと思います。

 

そういう意味では、

この企画を思いつき、

仕事を辞める、と、

当時の上司に伝えた瞬間に歯車は回りだし、

あとはその流れに乗って走ってきただけなのかもしれません。

 

 

このブログを編集している今も、

「日本縦断とはなんだったのか?」

ということについて、

答えは得られていませんが、

ただ一つだけわかったことは、最後の動画でもお伝えしたように、

「やっぱり走りたい」

と言うことでした。

3,000kmも走って、わかったことは、ただそれだけですが、

それも自分らしく、単純で、バカでいい、と思います。

(「最後の動画」はこちら→http://red53108.com/?p=1634)

 

 

また、

最初こそ、めちゃくちゃ寒い北海道に悪戦苦闘していましたが、

本州に入ったあたりから

「人に会うこと」「だれかが待っていること」が、

モチベーションでもあり、使命感にもなり、

走り続けることができました。

そういった方たちがいたこと、いろいろな形で支援していただいたこと。

とても感謝しております。

 

 

 

日本縦断を終えて2週間以上経ちますが、今も走り続けています。

(やっぱり日本の寒さは勘弁してほしいですが…(-。-)y-゜゜゜)

当面の目標は、何においても2016のサハラです。

最終的にはヨーロッパを横縦断したいと思っています。

それも何年後になるかわかりませんが、

また今回のようなバカな企画になること間違いナシなので(笑)

どのような形でか、皆様方にご報告させていただければ、と思います。

 

長い間、ありがとうございましたm(_ _)m

 

imageimage

今日の移動距離:42km

累計:3008km

佐多岬到達。すべて終了!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)