『16th day ー 意地も大事だが、臨機応変に』

Home  >>  日本縦断  >>  『16th day ー 意地も大事だが、臨機応変に』

『16th day ー 意地も大事だが、臨機応変に』

On 9月 30, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:48 AM

今日は曇り。だが、雨は降りそうにない。
毎日走っていると、なんとなくだが、
雨が降るかどうか、
旗をしまわなくてはいけないか、どうか、が、
わかるようになってきた。
風はあまりない。
掲げた旗が顔の前にかぶさって邪魔である。

image

今日は道は簡単だが、緩やかなアップダウンが続く。

こういうのは、達成感が少ない。

 

 

image
風がハンパなく吹く。
帽子が吹き飛びそうなほど、
体を前に傾けても少ししか進まない。
前から吹くときもあれば、
道の向きによっては右手の海から吹く時もある。
そうかと思えば、後ろからきた車やトラックの風圧で、
前に押し出されることもある。
事あるごとに旗が前後左右に吹き飛ぶから、
体ももって行かれそうになる。
ほんとうにややこしい日だ。

image

あとで知ったのだが、
この辺は、野辺地ウインドファームと呼ばれ、
風力発電の風車がびっしり設置された土地である。
また、この日は風が普段より強かった日だったらしい。

 

1時前、道の駅・よこはまに着く。
ここで旗をしまう。
ここまでで27km、4時間は。
最初の風のない2時間で、16km走れたので、
あとの風が吹いてからの2時間は11kmしか進んでない。
あまりにもペースが落ち過ぎだ。
意地も大事だが、臨機応変に。
ここは早くゴールするために、旗は片付ける。

 

青森に入って気づくのは、

とにかく歩道がキタナイということだ。

北海道ではある程度歩道も整備されていたが、

青森は草が自由気ままに生い茂っていて、

とても歩けたものではない。

image

 

 

今日はほんとうに何もない道を行く。
以前としてアップダウンは続くし、
車・トラックの往来は激しい。
歩道もなかったり、あっても草が自由気ままに生い茂っている。
長い、、、長い、、、長い、、、、
あまりにも長いので苛立ってくる。
舌打ちもでる。
かといって、行かないわけにもいかない。
音楽に集中し、ただただ進む。

 

5時、右手に海が見えた。

夕陽が雲に隠れてとても綺麗だ。

思えば、これでしばらくは海とお別れである。

次会う時は静岡あたりだろうか?

ちょっと感慨にふける。

image

 

 

6時過ぎ野辺地の町に着き、野宿すると決めていた公園まで辿りついた。
公園のベンチで荷を広げようとしていると、
おじぃさんが散歩しており、
公民館のそばにベンチがあり、そこだと風が凌げると教えてくれた。
僕は礼を言い、荷物を移動した。
その後、銭湯に入りに、コンビニで弁当2つと明日の朝食を買い込んで、
また寝床に戻った。
その日は疲れていたこともあり、10時ごろには寝た。

imageimage

 

 

今日の移動距離:54km

累計:806km
東京まで:あと672km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)