『15th day ー 親孝行は話を聞くこと』

Home  >>  日本縦断  >>  『15th day ー 親孝行は話を聞くこと』

『15th day ー 親孝行は話を聞くこと』

On 9月 29, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

10:49 AM

image

今日はフェリーの時刻に合わせないといけないので、出発が遅い。
今日は46km。
ここから30kmは何もないので、勝負の区間である。
ここもきっと夜は寒いので早くゴールしたい。

image

 

 

本州に入った途端にナンプレが変わる。
青森、庄内、岩手、秋田、八戸。
今までほとんど見なかったナンバーばかりだ。
そのうち東京ナンバーも出てくるのだろうか?

image

綺麗な海岸線が続く。
磯のにおいがする。
コンブをそこらじゅうで干している人がいる。
北海道では感じなかった、
緩やかな淡い塩のにおいのする風だ。
風はあるが、心地よいそよ風といった感じ。

image
調子がいいので走り続けた。
3時間で22km進んでいた。
今日の約半分を終えたことになる。
直近の1時間だと、8.5kmも進んだ。
しかも無理に足を前に出して走ったのではなく、
自然と足を止めてずに動かし続けただけなので、
呼吸がきつくなったりしていない。
調子の良いとき、いくらでも走れる、
というある種の錯覚に陥っているときの感覚である。

ここでなにか災害が起きても、たぶん僕は走り続けるだろう。

image

 

 

この辺で昼食にしようと思った。
水分補給も兼ねて、自動販売機があるところで休もうと思い、
またしばらく走っていたが、なかなか自動販売機が見つからない。
そのうち歩道が狭くなり、それが終わったと思えば、
峠に入り、止まるわけにもいかず、
結局、峠の頂上まで30分余り、空腹の中、進まなければならなかった。

image
大畑の町に着いたものの、
昼食を食べたばかりだったこともあり、
走り続けることにした。
この先、峠があることもあったので、
日暮れまでにできるだけ走りたかった。
どうも、東北は北海道より日暮れが早いような気がする。
30分くらいは早いのではないか?
5時過ぎると、もう若干暗くなってきている。
6時過ぎ、無事にむつの街に着き、宿も見つかった。
宿は素泊まりで3,500円。
玄関に入り、
「すいませーん」と3回ほど呼ぶと、
70歳を越えているのではないか、と思われるおばぁさんが出てきた。
最初は、僕が泊まりに来た客だということを理解できないようだった。
「なにも出来ないけどいい?」
とおばぁさんに言われたが、
僕としては雨・風さえ凌げれば十分だ。

一旦、荷物を起き、シャワーを浴びて、食事をした。
帰ってきて宿泊費を払おうと、おばぁさんの部屋を訪れた。
僕は1万円冊で支払おうとしたところ、
おばぁさんはお釣りがないという。
客でさえほとんど来ないそうなので、お金を用意していないそうだ。
結局、僕の手持ちのお金2,000円だけでいい、ということになった。

しばらくおばぁさんと雑談をした。
僕はほとんど聞いているだけで、
おばぁさんが病院のことや御嶽の噴火のこと、原発のこと、孫のことなど、
ほとんどずっと一方的にしゃべり続けた。
言葉の訛りがあって、よくわからない部分もあったが、
「話がしたい」というのが、よく伝わってきた。
北海道もそうだったが、年配の方はとにかく喋りたがる。
寂しいのだろうか。

親孝行は話を聞くだけでもいいのかもしれない。

 

imageimage

 

高低差も加えてみました!

 

 

 

今日の移動距離:46km

累計:752km
東京まで:あと726km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)