『35th day ー 原因と対策』

Home  >>  日本縦断  >>  『35th day ー 原因と対策』

『35th day ー 原因と対策』

On 10月 19, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

10:49 AM

image

このところ、朝起きても左足は回復していない。
ネットカフェでも左足の着け場に慎重になって選ぶし、
座った状態から起き上がるのは気持ちを覚悟しなければならない。
だが、TABIOの靴下を履くと、不思議と踏むのが怖くなくなる。
痛みもほとんどなくなる。

image

足の痛みがとにかく酷くなった。ちょっとやそっとの痛みではない。
立ち止まって痛みが引くのを待つほどだ。
(この痛みはなんなのだ…)
少し休めば回復したが、
こう何度も繰り返し起こると、根本的に治さないといけない気がする。
まだ1000km以上ゴールまであるのだから。
どうしていいか、わからずネットで調べてみると、
シンスプリントという箇所を痛めているらしい。
原因は「過度の運動」
そんなこと言ったって、毎日50km以上走っていたら、そうなる。
解決策は、睡眠と食事、それに入浴。
どれも、100%欠けている。ほんとうにどうしようもない。
自分でできるのはマッサージぐらい、か。
痛んでいる箇所とその原因がわかれば、
解決策はただ一つ。
走り方を変える。

今までは、簡単に言うと、
れれれのおじさんのようにあまり関節を曲げない走り方。
競歩に近いかもしれない。
しかしそれが脛の箇所に負担をかけていたのだから、
今度は、機関車トーマスのタイヤを回す継手のように、
脚を膝から上げてかけるようなフォームに変える。
膝への負担、速度が落ちる、揺れるなどの問題もあるが、
脛の痛みに比べれば、マシだろう。

 

image

由比ヶ浜の駅の近くで、祭りがやっていた。
いろうろと面白そうだったり、おいしそうだったけれど、
今は遊んでいる時間はない。
食べるにしてもまともな食事が必要だ。
すぐ近くのコンビニで食事をしたが、
その時点で2時半。
足のせいで、まだ10数キロしか進んでない。
あと50km近くある。
今日は到底目的地にはたどり着けないだろう。
それどころか、その半分でさえもきつい気がする。
でも、たった10数キロでやめるわけには…

 

image

とにかく9時を目安に走ってみることにした。
サロンパスを貼ると、左足はかなりマシになった。
海沿いの道はサイクリングロードとなっていたため走りやすく、
清水あたりまでは調子良く走れた。

 

image

途中、トイレ休憩や、荷を整えるために止まる以外は、
基本的に走り続けた。
道もほとんどまっすぐで迷うことなく、
7時半ごろに静岡駅に着いた。

image
そろそろどこまで行くか、考えないといけない。
当初の目的地、島田市までは25km以上、藤枝市でも18km
どちらもきつい。
何より今は左足に休息を与えることが大事だ。
他のパーツは問題ないが、左足はそうもいかない。
地図をよく見ると、
10kmほど行ったところに、宇津ノ谷峠に道の駅があることがわかった。
峠だから少し寒いかもしれないが、
少しは進んでおきたいこともあり、そこを目的地にした。

image

1時間半ほど走り、峠に到着。
さすがに峠だけあって寒く、気温も2-3度低いが、寝れないこともなかった。
ベンチを見つけ、そこを寝床にしようとしたら、
15mほど先で同じように野宿をしている人がいた。
ホームレスではなさそうだが、どこか不気味だったので声をかけなかった。
飯を食い、寒いので寝袋に入ったが、左足だけがずっと気になった。
明日の朝、少しでもマシになってほしい。

 

imageimage

今日の移動距離:46km

累計:1680km
大阪まで:あと352km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)