『57th day ー 前に進むのをやめちゃいけない ‐鹿児島包囲網突破‐』

Home  >>  日本縦断  >>  『57th day ー 前に進むのをやめちゃいけない ‐鹿児島包囲網突破‐』

『57th day ー 前に進むのをやめちゃいけない ‐鹿児島包囲網突破‐』

On 11月 10, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:53 AM

昨夜、寝た道の駅の仮眠場は快適に眠れた。

全ての道の駅がこうであればいいのに、、、
と、これまでのベンチで寝た道の駅を思い出した。

image

今日は九州最大の、そして、最後の難関(のはず)、
鹿児島包囲網を突破しなければならない。
西の海岸線を行けば、山を越える必要はないが、
それでは倍以上の行程がかかってしまう。
そこで僕が目をつけたのは、
水俣市と伊佐市を結ぶ道路・268号線。
このコースは、400m越えの山と30km近くコンビニがない点だけクリアすればいい。
いや、かなりキツイのはわかっているが、これしかない。
あと4日。60日間でやり遂げるにはこれしか方法はないのだ。

image

走り出して1時間。
1.6kmのトンネルに差し掛かる。
ここまで長いトンネルはなかったのではないだろうか?
歩道もないに等しい。
走る。必死に走る。
周りの音もなにも気にならない。と言うか、気にしない。
もう走るしかないのだ。

この日は、このトンネルに限らず、大小いくつかのトンネルと、歩道の狭い道を通った。

いよいよ田舎道に入ってきたのだ。

 

午後1時半、最後のコンビニに立ち寄る。

ここからゴール付近までは何もない。

買い込めるだけ買い込んで装備を整える。

いよいよ鹿児島包囲網に突入だ。

 

 

 

午後3時、地図で見ると、ここから先は何もない。
10km以上、急な山路が続く。
エネルギー補給して、気合い入れて進む。
まともに走れないことなど、知っている。
だが、前に進むしかないのだ。

image

坂が続く。
とても走れるような坂じゃない。
走ろうとするも、脚が上がらない。
十数メートルも行くと、歩いてしまう。
もう歩いてでも進むしかない。
道は延々と、上り坂でカーブが続く。
全く先が見えない。。。。
もう無心、ただただ歩く。
何度も休みたいと思ったが、休まなかった。

歩くのを、前に進むのを止めちゃいけない。歩き続けなきゃいけない。

こんな山の中で、日暮れを迎えたくない。
なんとしても今日中に鹿児島入りしなければ。。。

image

 

歩き出して3時間。午後5時。
やっと、ほんとうにやっと、このラン最後の都道府県、鹿児島に入った。
それは上り坂の終わりを意味していて、日暮れに間に合ったということだった。
あまりの嬉しさにその場で
「お”ぉぉぉーー!」
と、雄叫びを上げてしまった笑

image
「ほんとうにこれで最後のボーダーになる」と思うと、
長かったこのランの終わりが近づいていることを実感した。

 

 

峠を越えたが、安心してられなかった。

ここから下りである。だが、日暮れが近い。

30分もすると、あたりは真っ暗になった。

街灯がひとつもない。本当にひとつもない。

早く下り終えてしまわないと、下りでスピードを増した車が僕に気づかずに轢かれてしまう。

さっき、止まらず歩き続けて本当によかったと思う。

 

 

急いだ甲斐もあって、7時に宿に着いた。

今日はブログやWEBなど、色々とやってしまおうと思っていたが、

眠くてぜんぜんできなかった。

ほんとうに疲れていたのだと思う。

もう後3日。今日でその山場を越えたと思いたい。

image

今日の移動距離:54km

累計:2852km

佐多岬まで159km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)