『7th day ー 目標に追われるのではなく、追うべきである。』

Home  >>  日本縦断  >>  『7th day ー 目標に追われるのではなく、追うべきである。』

『7th day ー 目標に追われるのではなく、追うべきである。』

On 9月 21, 2014, Posted by , In 日本縦断, With No Comments

8:49 AM

image
午前6時、
けたたましいサイレンで目が覚める。
温度計がどんどん上昇するかのように、音は高くなり、
また何事もなかったかのように、音は消えた。
辺りは明るくなっているが、視界は悪い。
霧だ。
車もライトをつけて走っている。
天気予報を見ると、気温9度、湿度90%。
そりゃあ霧も発生する。

image

 

 

順調に南下するが、すぐに暑くなる。
最初は固まっていた足も徐々にほぐれてくる。
ペースもいい。6.5-7kmぐらいは走れる。
調子がいいので2時間走り続ける。
途中、500mぐらい先に初老の男性が見えた。
どうも走っているようだ。
時速6kmぐらいか。
「抜ける。抜いて見せる」と欲が出てくる。笑
そこから約2km、地味だが、激しいデッドヒートが幕を開けた。

 

老人は橋の登りに差し掛かり、スピードが落ちる。
僕も登りに差し掛かるが、スピードそのままで突っ込む。
徐々に差は縮まる。450,400,350…

image
もう少し、もう少しだ。
前方で橋の終わりが見える。
「まさか、、、」と、あらぬ予感と頭をよぎる。
あと150,130,100,…

image
声をかければ、聞こえるのではないか、
と言うー距離までくる。
40,30,20…

image

そして、老人はやってしまった。
老人は川の土手へ。北に向いて走り出したのだ。
これにて、デッドヒートを呈したレースは終了。
惜しくも寸前のところで追い付かず…
がしかし、ここまでいい走りができた。

目標に追われるのではなく、追うべきである。

ありがとう、見知らぬ老人。
帽子を取って深く一礼する。
12時半前、鶴沼の道の駅で昼食にする。
店は混んでいる。
僕は自分が臭いことをわかっているので、
風通しの良い窓際に座る。
2時過ぎ一本道の国道を行く。
ところどころ町?村?があって、
以前より声をかけられることが多くなった。
ある農家のおばちゃんは、僕の目の前に軽トラを止め、
「はい、これアンコ餅、手作りの!」
と言って、アンコ餅をいただいた。
こういうのが、一番嬉しい。
美味しく頂きました。

image
昼からは、体が重い。
走れても1時間6kmのスピードだ。
それも長続きしない。
すぐに歩いてしまう。
ついには、ケツづれまで起こしてしまう。
(ケツづれとは、
・お尻の筋肉と筋肉が擦れて炎症を起こし、膨れ腫れること、造語)
股も擦れて痛い。
これらに対抗するためには、テーピングを貼るしかないが、
今はできない。
そして極めつけには、
ポールと旗を留めているネジがなくなってしまった。

image
これでは旗は一点だけ留めている状態でうまくなびかない。
それに気づき、何百mか道を戻ったが、見つからなかった。
小さなパーツだから、見つけるのは困難だろう。
札幌までは最低でも旗を諦めなければいけない。
よくないことばかり起こる。
たまにはこういう日もあるのだろう。
6時半
なんとか泊まることができた。
運がいい。
もう正直、限界だった。
当初の目標、
新篠津の道の駅まであと十数キロあるが、到底行けそうにない。
それよりちゃんと体を治療する必要がある。
月形温泉でも十分だ。
明日挽回できる。

 

 

image

今日の移動距離: 41km

累計:352km
北海道を抜けるまで:あと348km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)