オレの背中を越えて行け!

Home  >>  RUN  >>  オレの背中を越えて行け!

オレの背中を越えて行け!

On 6月 30, 2016, Posted by , In RUN,サハラマラソン, With No Comments

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんにちわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日もまずまずの天気(^^)/

この季節、

あまり陽が当たると、暑いですし、

当たっていなくても、蒸し暑いですから、

走るのには少し難しい季節ですね(´・ω・`)

 

 

さて、

■ 少し間が空いてしまいましたが、

サハラマラソン日記の第3弾です。

今回は、ボリュームがある文章です(^_^)

 

 

 

オレの背中を越えて行け!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4/8 3:10 AM

オルリーでは、なかなか眠れなかった。

眠いことには違いない。

だが、ベンチで眠るのはあまりにも窮屈すぎた。

何度も身体の体位を変えて、

しっくりくる位置を探したが、

なかなか快適なポジションは見つからなかった。

 

気がつくと、隣で寝ていた西欧人がいない。

周囲が少し騒がしくなり、サハラの参加者も集まってきたようだ。

また寝ようかと思ったが、それもあきらめ、

チェックインの手続きに向かう。

日本人参加者も合流し、

ひとつづつ手続きを済ませる。

列こそ長いものの、

手続きは他の国際便と同じで、いたってシンプルだ。

手続きを待つ間、

日本人同士で談笑していたが、

あまり自分の過去については、話さないでおいた。

過度の期待をされたり、自慢するのはいやだったからだ。

 

5時過ぎには全ての手続きを終え、

あとは機内に入るだけとなった。

 

まだインターネットがつながったので、FBを見ると、

たくさんのいいね!とコメントがあった。

それにどう返していいかも分からなかったので、

そのままにした。

最後にLINEで彼女に連絡を取った。

早くても次に連絡を取れるのは、16日か17日になることを告げる。

「あなたが死んだら私はどうやって生きればいいの?」

と、半ばジョークが返ってきた。

サハラで死ぬことなんて、ありはしない。

いや、リタイヤすることは、死と同等のことかもしれない。

今は不安は全くないが、

そのときは、どういう顔をして連絡を取ればいいのだろうか。

搭乗までの短な時間をなるべく彼女とLINEをし、

彼女の気が済むまで別れを惜しんだ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4/8 9:04 AM

少し前にようやく飛行機は飛んだ。

6:15フライトの予定が、機体のトラブルで、2時間も遅れた。

特にアナウンスはなかったが(フランス語で分からなかっただけか?)

[何度か滑走路に向かうような動きをしては、

また搭乗ブリッジの位置に帰ってくる]

それを繰り返していた。

と言っても、

昨夜よく眠れなかったためか、

座席に着いた私は、すぐに眠ってしまい、

断片的な記憶しか残っていない。

まだ夜が明けていない時間のフライトだったにもかかわらず、

最終的に飛行機が飛んだころには、

朝日が顔を出していたので、

相当長く待ったことがわかるだろう。

 

どんどん加速していく機内で、

帰りの飛行機はどんな心境でいるだろうか、とイメージする。

 

やり終えた達成感か、すべてやった充足感か、

残念な結果に終わって悔しい思いか、途方に暮れているだろうか、

はたまた、とにかく寝たい、疲れた、と思慮にふけっているだろうか。

 

何度も言うが、蓋を開けてみないと、サハラはわからない。

もうやることはないし、あとは走るだけである。

変に力むこともなく、いつもどおり行くだけである。

 

 

サハラは例年お祭りムードの外国人も多い。

今年も機内の雰囲気は盛り上がっていたが、

不思議とそれに感化されることもなく、

ただそこに、ポツンと座っている自分がいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4/8 12:08 AM

ワルザザード到着。

機内はエアコンが効いていたこともあり、

あまり暑くなかったが、

太陽の光は強烈で、窓ガラスに触れると、

すぐに手を離したくなる程だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飛行機に乗って2時間も経った頃、

アフリカ大陸が見えてきた。

Google mapが奇跡的に反応し、

それがカサブランカだとわかった。

 

その向こうに白く輝くものが見える。

雪だ。

そう、山が見える、ということは、

その向こうには砂漠が広がっている。

旅の目的地、ワルザザードがそこにある。

 

そこまできても、目の前に薄茶色の大地が広がっていても、

まだサハラの実感は湧かなかった。

これは、私の神経がマヒしているのか、

平常心を意識するあまりか、

とにかく、特別な感情が湧かず、

山々の美しさに感嘆するだけだった。

そんな自分も、ワルザザードのイミグレを通過したときには、

ようやく、気持ちが高揚した。

主催者であるパトリックを始め、

たくさんのボランティアスタッフに拍手で迎えられたからだ。

 

『帰ってきた』『帰ってきたのだ』

心から実感が湧いた。

この空気感、雰囲気、熱、

これがサハラだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

思ったより、暑くない。

(20℃ぐらい)のワルザザードが一気に、

2年前の暑かったサハラを思い出させてくれた。

ワクワク、というか、

『サハラ』を感じる。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4/8 5:11 PM

かれこれ、5時間ぐらい、バスに乗っている。

わかってはいたが、窓から見える風景はほとんど変わらない。

奇跡的にも、Google mapが反応するので、

今、移動していることはわかる。

そう、バスの終着点がわかったのだ。

奇しくも、2年前と全く同じ、『あのメルズスーガ大砂丘』。

その手前、2km地点が今回のスタート地点となる。

IMG_3685

一瞬にして、あの記憶が蘇る。

 

暑くて、暑くて、一向に近づかない目的地、

脚が攣ったまま悶えたCP1、

夕暮れを独り歩いた荒野、

そして、ヘッドライトの光…

 

あのコースをまた繰り返すのだ。

 

これは試されているのだろうか?

 

『2年前に越えられなかった壁を、どうしても越えて行け』

と言っているのだろうか?

そんなに容易く完走させてくれないと思っていたが、

やはり、この大砂丘を避けては通れないのか?

 

よかろう。

この2年間、オレが何をしてきたのか、見せてやる。

あの頃よりも数段パワーアップした自分を見せてやる。

それだけのことはやってきたのだ。

 

初日を完走することに全力を注ぐ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4/8 8:58 PM

全然、眠れない。みんな、よく眠れると思う。

ビバークには6時半頃に着いた。

やはり向こうに砂丘が見える。

間違いない。2年前と同じだ。

笑いさえこみ上げてくる。

やるしかない。

 

キャンプはてきとうに詰め込まれた。

誰と同じテントになるか、ある意味それも大事だが、

そんなことでさえ、どうでもよいように、

以前として、モチベーションは上がらなかった。

 

荷物を置くと、すぐに食事になる。

食事は大会側が用意してくれて、そこそこおいしかった。

それが終わると、各自テントに戻って寝る。

 

誰が参加しているか、以前としてわからないまま、

せっかく日本人同士で集まっているのに、ロクにコミュニケーションも取れていない。

なんと、もったいないことか。

そう内心思うが、もう何人も寝ようとしている。

緊張しているのか?不安なのか?疲れているからか?

もっと楽しんだらいいのに、と思う。

 

逆に言うと、自分はかなり楽しんでいる。

各テントを見まわるくらいの余裕はあるし、

先程からフラフラあちこちをぶらついている。

はっきり言って、ヒマだ。

一度サハラを経験すると、ここまで気持ちが楽なのか?

我ながら驚く。

と言っても、まだレースは始まっていない。

2日目、3日目も、今と同じような気持ちで夜を迎えたい。

 

星がキレイだ。

写真にはおさえられないのは、残念だと思う。

これを見ないで寝る人は、もっと残念だ。

 

【編集記】

■  本文でお伝えしたとおり、

今回のサハラは、2年前のサハラと同じ、

初日にメルズスーガ大砂丘が待ち構えるコースとなりました。

 

■ サハラ参加者ならわかるのですが、

この大砂丘は、サハラ名物であり、基本的にはこれが一番の難所です。

2年前も、ここでリタイヤする人も多かったですし、

毎年コースが変わるサハラマラソンにおいても、

この大砂丘だけは、ほぼ毎年変わらず、コース上に設計されています。

 

サハラマラソンは、

毎年コースが変わる大会なので、

その年によって、ラッキー・アンラッキーはあるのですが、

日本に比べて高温で、慣れない足場(砂地)、

という環境が、

身体に負担がかかることは十分に推し量れるかと思います。

 

それに加えて、

大砂丘が行く手を阻む。。。

 

これがどれくらいハードなことかは、

正直、実際にサハラでしかわかりません。

(だからこそ、サハラマラソンにチャレンジして欲しいです!)

 

■ 私自身においては、

2年前に一度、それを経験しているので、

このコース設計の過酷さを肌身を持って実感していますし、

それがどれだけハードか、も、記憶に鮮明に残っています。

 

そんな苦い過去と、この2年間のトレーニングを、

あたかもパトリック(主催者の親玉)は知っていいたかのように、

今年のサハラマラソンで再現させた。

 

まるで、

『オレの背中を越えて行け』と言わんばかりの演出。

 

この地図を見た瞬間、

『マジか…汗』

という、焦りと、

 

『これも試練。

この2年間、この日のためにトレーニングしてきたのだっ!』

という、闘志も湧いてきました。

 

それと同時に、

初日を完走することに全力を注ぐことを心に決めました。

 

初日の詳しいことは、

後日のブログで書くとして、

ここで腹をくくれたことが、結果として、余裕につながったのかもしれません。

 

 

■ よく言われる話ですが、

『そこに壁があるならば、それは偶然ではなく、必然。

その人に課せられた試練』

なのだと思います。

 

そう考えれば、

「私の2年前のリタイヤは必然」ですし、

「今回の大砂丘も必然」です。

 

 

別に、人生訓めいたことを言う訳ではありませんが、

「そこにそれがあること」は、

「何かしら意味のあるもの」「何かしらのサインを送っていること」

と、とらえるべきでしょう。

 

それを、

「ツイている」「ツイていない」

で片付けると、

全部、運のせいにしてしまいます。

 

そうではなく、

 

 

「それも何かしらの意味があること」

と捉え、前向きに考えるほうが、ものごとはうまくいきます。

 

 

 

 

長くなりましたので、今日はここまで。


[まとめ]

  • そこに壁があるならば、それは、偶然ではなく、必然。その人に課せられた試練。
  • それを「ツイている」「ツイていない」で片付けてしまうと、全部、運のせいにしてしまいがち。
  • 壁があるのは、何かしら意味のあること。そう捉えるほうが物事はうまくいく。

ランニングコーチについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)