「やってみたいけど、一人ではちょっと…」という方は。

Home  >>  RUN  >>  「やってみたいけど、一人ではちょっと…」という方は。

「やってみたいけど、一人ではちょっと…」という方は。

On 6月 9, 2017, Posted by , In RUN,RUNの技術,習慣化, With No Comments

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

 

明日は、京都までロング走のイベントに行ってきます!

京都は、ヘン◯イランナーの方が多いので、

長距離も屁とも思わない方もいらっしゃり、いい練習になります!

 

今回は全く未知のロードなんで、楽しみです!

 

 

「やってみたいけど、一人ではちょっと…」という方は。

■ 走り慣れていない方が、走るための方法の一つとして、

 

「イベントに参加する」

 

という方法があります。

 

 

普段走っている人でも、

長い距離やトレランなど、普通に走るのとはすこし違った走り方をしたいのであれば、

なにかイベントに参加するのが良いでしょう。

 

 

そういったイベントの主催者は経験が豊富ですし、

途中でエスケープ(終了)することもできるようにコース設計されているものです。

 

 

 

■ こういったイベントは、毎週開催されているものもあれば、

毎月だったり、単発のイベントだったりするので、

「入門編」と捉えてるのが良いと思われます。

 

 

イベントに参加すれば、容易にリタイヤ出来ません。

いや、

「リタイヤしよう」と思いません。

 

地理的に駅があったりして、リタイヤすることは可能かもしれませんが、

周りの参加者が懸命に走っているのを見ると、

そう容易くリタイヤしようとは思わないものです。

 

これも環境の力、一種のシステムですね。

 

 

■ かねがね思うのですが、

走ることは難しいことではありません。

 

全力ダッシュで走るのならまだしも、

中・長距離を走るためには、全力ダッシュで走らないはずです。

 

ほんの少しの力、ほんの少しの勇気、で走れるものです。

 

 

ですから、

途中で止めようと思う心より、

ほんの少しの勇気を持ち合わせていれば、走れるのです。

 

 

やったことないRUNイベントは、それを経験するのには良い場です。

 

 

■ ですが、

 

「周りにこう言った場がなかなかない」

「自分に適した練習メニューをしたい」

 

という方がいらっしゃれば、お手伝いさせていただきます。

 

あなたの走力や現状の環境を考慮して、

より適切な練習メニューを組み立てますし、

いっしょに長距離も走ります。

 

 

現に今も、ウルトラマラソンに向けて、定期的に一緒に練習している方もいらっしゃり、

ウルトラマラソンは元より、走る場として活用していらっしゃります。

 

「自分1人では走れない」

「途中で辞めてしまう」

「走る勇気が出ない」

 

 

こういった悩みをお持ちの方がいればご連絡ください。

こちら

 

今日はこの辺で。


[まとめ]

  • 走っていると、感情がストレートになり、そのあとにブログのネタが思いつく。
  • 技巧に走った言葉は書かないようにしている。書いても説得力もなく、没になるから。
  • 走ることは「魂の開放」。言いたいことがあるなら、走って感情を開放してみては。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

本日の走行距離:21.2km

今日現在の総距離:151.2km

目標の400kmまで239.8km!

 

 

 

明日で今月も1/3が終わります。

 

ここまで振り返ってどうですか?

まだまだ挽回するチャンスはありますので、引き続き継続して走っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)