回る寿司を待たない。

Home  >>  EAT  >>  回る寿司を待たない。

回る寿司を待たない。

On 1月 23, 2017, Posted by , In EAT,RUN,習慣化,行動, With No Comments

おはようございます!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は特段寒く感じますね!

関東は暖かかったようですが、

関西は春は遠いようです。

今が寒さの底、そう思って頑張りましょう!

 

 

回る寿司を待たない。

■ 私の嫁が寿司が好きだということもあって、

我が家では、月一くらいで回転寿司を食べに行きます。

 

昨今では、海外でも日本食を食べるのは難しくないといえますが、

一般的な外国人にとって、ナマモノにはキライな人が多い傾向にあります。

しかし、

私の嫁に限ってはむしろ寿司は大好物なようです。

 

 

ということもあって、

最近も回転寿司に行ったのですが、

ふと、

「自分が待ちの姿勢であったこと」に気付きました。

 

 

■ 人によって食べ方はいろいろでしょうが、

 

流れてくる寿司をいつまでも待っていることは、

来るはずもない幸運を待っているのと同じではないでしょうか。

 

 

 

■ 寿司一つでここまで言うと、極端すぎるかもしれませんが、

一事が万事、

「自分からオーダーする。積極的に食べる。」

(太らない程度にね笑)

 

こういうことでも積極的に取りに行く姿勢を持たなければ、

他のことでも待ちの姿勢がクセづいてしまうと思うのです。

 

 

 

■ なんでもそうですが、

指を咥えていると、

目の前のチャンスはどんどん流れていきます。

待っていても食べたい寿司は一生来ません。

ネタ切れもあり得ます。w

 

 

そうではなく、

タッチボードを使えば、すぐに食べたい寿司は届くのですから、

手垢が付くぐらいボードを叩けばいいのです。w

というか、

目の前で握ってくれる寿司屋に行けば、

待つ必要もないんですけどねー笑

美味しい寿司を食べれるように頑張ります!

今日はここまで。


[まとめ]

  • 廻る寿司がくるのをずっと待ってはいませんか?一事が万事、他のことでもそういった姿勢になっていませんか?
  • なんでも指を咥えていると、チャンスは目の前を流れていきます。待っていても食べたい寿司は一生来ません。ネタ切れもあり得ますw
  • タッチボードを叩けばすぐに寿司は来るのだから、手垢がつくまで叩けばいいのです。笑

→ランニングコーチについてはこちら

子供向けクラスについてもお問い合わせください。


→FAQはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)