いいものには時間がかかる

Home  >>  RUN  >>  いいものには時間がかかる

いいものには時間がかかる

On 11月 9, 2015, Posted by , In RUN,行動, With No Comments

どーも。パーソナルランニングコーチのREDです。

 

もうそろそろマラソンのシーズンが本格化してきました!

私も「出たい!」という大会はたくさんあるのですが、

すでに募集は終わっているので、来年にむけて計画するしかないですね汗

 

来年はサハラも控えているので、

充分なトレーニングはしておきたいたいところですが…なに出ましょう??

 

 

 

いいものには時間がかかる

■ 「物ならお金で買うこともできるが、経験となればそう簡単にはできない」

(どこかのカード会社のフレーズのようですが)

作るのに時間がかかります。

 

 

■ 昨日の料理の投稿からの続きですが、

健康食を意識して、玄米を炊いてみました。

玄米

 

この玄米、非常に時間がかかります。

 

普通に、水で3−4回研いでから、炊く。

と思ったら、

2−6時間寝かす必要が有ります。

単純に、米を研いで炊飯器のスイッチを入れるだけ、と思っていたので、

少しやられました(驚)

 

(おかげで、食材の買い物に出かけたり、読書したりする時間ができたんですけど♬)

 

■ 「いいものには時間がかかる」

走ることもそう。

100m走っただけでは、100km走る素晴らしさやこみ上げてくる感情は経験できません。

ウルトラマラソンを完走した後に、

その場で泣き崩れる人もいます。

 

100m走って泣く人なんていませんし(クララじゃあるまいし笑)

フルマラソンを完走しても、泣いている人なんて、めったにいません。

 

 

■ 食事であれば、お金を出して、良い物をいただくこともできますが、

お金を出しても、100km走った経験は買えません。

(大会になると、その分、参加費も高いけど汗)

 

何をするにしても、

お金と時間、どちらかはかかります。

 

 

■ がしかし、

お金を掛けた場合は、一度きりですぐに終わってしまうことも多いですが、

時間を掛けた場合は、余韻や余波も後に引きやすいです。

 

例えば、

料理であれば、作り置きして翌日以降に食べることができるし(嬉)

マラソンであれば、その達成感に数日は浸ることができるでしょう(満)

 

マラソンについては、大会中に走っているときだけでなく、

その練習をしている期間もあるので、感慨深さはなおさらです。

 

 

短めですが、今日はここまで。


[まとめ]

  • いいものには時間がかかる
  • 何をするにもお金か時間はかかる
  • 掛けた時間の分だけ、余韻や余波はあとに残る

11月21日(土)に都内某所でRUNの講義&実技を行います!

詳細はこちら↓↓↓

【日本縦断ランを成し遂げた、Red赤山のランニングセミナー&実技指導 東京編】


 継続RUN222日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)