どんなに。

Home  >>  RUN  >>  どんなに。

どんなに。

On 4月 8, 2017, Posted by , In RUN, With No Comments

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

久々のブログになってしまいましたね。

 

ココ最近、アレヤコレヤいろいろとありまして、

書き出すと長いので書きません。

 

こういうときは

色々書きたいけど、ストレートな短い文章に限ります。笑

 

 

 

どんなに。

■ どんなに雨が降ろうと、

どんなに辛くても、

どんなに現実がひどくても、

どんなにうまくいかなくても、

どんなに蔑まされようと、

どんなに否定されようとも、

どんなにしんどくても、

どんなに脚が重くても、

どんなにゴールが遠くても、

どんなに傷だらけでも、

どんなに暗くても、

どんなに過去がひどくても、

どんなに目を背けたくても、

 

 

走り続けなきゃならない。

それでしか、ゴールには辿り着けないんだから。

 

 

■ 言うは易く行うは難し。

それもわかるけれど、

 

それでも、

走り続けなきゃならない。

 

 

 

■ 話は大きく変わりますが、

自分が青春時代(?)におおきく影響を受けたアーティストに、

「19(ジューク)」

というアーティストがいます。

 

その中の代表曲「すべてへ」から以下抜粋。

 

他人のせいにしてた

叶わない恋や夢はポケットにしまってた

何か始めようと思うけど「チャンスがない」

愚痴ってた

 

風が吹かないそんな場所でも

ぼくたちが走るなら感じることができる

吹くだろう風 なんて待つなよ

無いものを嘆くより 作ればいい 風だって…

 

大いに歌えや 大いに遊べや

「はじまり」を待つ君に

「これから」の歌送ろう

涙はいつも ここって時に

ギリギリで出なくって また胸を締め付ける

 

その繋がりは曖昧ないくつかの言葉でも

「ゴミだ」っていわれても 僕達を強くする

 

いつか「未来」は「軌跡」を照らし

広がって 広がって 広がって 包んでく…

 

 

 

■ どんなにだめな現実でも、どんなに上手くいかなくても、

 

そこで投げ出したら、

「何もしなかった」と同じです

 

 

自分の未来は自分で変えられます。

 

「失敗して、そこで諦めるからそれは失敗に終わる。

 諦らめなければ、成功への糧となる」

 

 

昔、予備校時代によく聞いたこの曲と、

世界史の講師の先生に言われた言葉を思い出しました。

 

 

今日はココまで。


[まとめ]

  • どんなに現実が酷くても、走り続けなければ、ゴールにはたどり着けない。
  • 「失敗して、そこで諦めるからそれは失敗に終わる。 諦らめなければ、成功への糧となる」

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

アンケートも絶賛募集中!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)