苦手なことでも向き合う。

Home  >>  RUN  >>  苦手なことでも向き合う。

苦手なことでも向き合う。

On 8月 10, 2017, Posted by , In RUN,トレラン,行動, With No Comments

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

先日に引き続き、本日もコソ練をやってきました!

 

「週1,2回行ければなぁー」と、あやふやなことを言っていたので、

ここははっきりと、

「8月31日までに合計10回行く!」

という数値目標にしようと思います。

 

3回目の本日も、順調に走れ、

登りは19:17、下りは12:48、と、

早速、登りで20分切りが出来ました(^O^)!

 

ですが、これ以上はチョット望めないので、

継続させ、徐々に距離も伸ばしていこうと思います。

 

 

 

苦手なことでも向き合う。

 

■ 私はこれまでに、

「圧倒的に美点凝視を意識し、長所を伸ばすこと」

に力を入れてきました。

 

人とお会いするときも、

その人の良い点、抜きん出ているところに注目して見るようにしています。

 

 

■ どんな人でも、長所というのはあるはずです。

 

それを伸ばすのが結果を出すためには一番の近道ですし、

本人のモチベーションも保てることでしょう。

 

それを磨き上げ、武器にする。

 

よく言われる方法だと思いますし、

私も賛成です。

 

 

■ もちろん、

美点凝視、良いところに目を向けてそれを伸ばすのがいいです。

 

でも、

ある一定のレベルまで来たら、それも頭打ちになるので、

弱点に目を向けて、克服するのも一つの手でする。

 

 

長所だけでなく、

弱点も伸ばすことで、トータル的にレベルが上げるように仕向けるのです。

 

 

これで、長所で頭打ちを食らっても、

弱点を克服することで、状況を打開することが出来ます。

 

ビジネスでは、

苦手なことはアウトソーシングすることで解決を図りますが、

RUNの場合はそうもいかないので、向き合う必要があるのです。

 

 

 

■ また、

大会やレースによっては、

いろいろと「課題」が出されるものです。

 

それをクリアするためには、弱点の克服が必要なこともあります。

 

例えば、ウルトラマラソンでは、

坂はつきものですし、食事の補給なしに完走するのは困難です。

 

トレイルでは、

上り下りは必ず発生しますし(じゃないと、トレイルじゃないw)、

雨天などで足場の悪いところを走ることもあります。

 

これらの課題と向き合い、克服していくことが必要です。

 

 

そうやって、

弱点であろうと、レベルを上げ、

トータル的にRUNのレベルを上げること。

 

 

少し行き詰まっているようでしたら、

弱点にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

今日はここまで。


[まとめ]

  • 美点凝視、長所を伸ばすのが成長が早い。
  • だが、頭打ちを食らっているなら、弱点にも目を向けてみよう。
  • 弱点も克服することで、トータル的にRUNの能力を向上することができる。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:23.0km

今日現在の総距離:115.4km

目標の400kmまで、284.6km

 

世間一般的には、明日からお盆休みに入っているところが多いようですねー

 

私は、年中無休、365日走り続けるのであまり関係ありませんが♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)