人生をあきらめたくないから走っている

Home  >>  RUN  >>  人生をあきらめたくないから走っている

人生をあきらめたくないから走っている

On 7月 21, 2017, Posted by , In RUN,言葉, With No Comments

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は幸運にもネコに起こされ、3時半起きでした!(驚)

 

太陽の気配さえ感じない、完璧な夜の状態からのスタートで、

過去にないくらい暗さでしたが、

 

その分、ものすごく涼しく、

陽が上がる前に1時間も走れました!!!

(最終的には20km以上のRUN)

 

家に着いてシャワーを浴びても、まだ6時!、ということで、

存分に朝の時間も活用できました♬

 

これが習慣化するとヤバイですね(*´∀`*)

 

 

 

 

人生をあきらめたくないから走っている

■ 自分が、『なぜ走るのか?』と聞かれれば、

確実に

『自分自身でありたいから』

と答えることでしょう。

 

 

■ このブログで書いていることは、

 

自分のためであり、ランナーもしくはランナー予備軍の方に向けて、

価値ある情報を、少しでも貢献できれば、と思って書いていますが、

 

走ることそのものは、『自分自信のために走っている』といえます。

 

 

 

■ 走ることというのは、

人によっては、他の理由もあるかもしれませんが、

 

誰かに強制されて走っているわけではなく、自分自身の意思で走っているもの

だと思います。

 

 

 

たとえ、それが場の強制力やシステムの力が働けど、

大なり小なり自分自身が走ることを望んでいたことには違いありません。

 

 

■ ここまでを考慮した上で、

『なぜ走るのか』

という問いの答えを改めて自分に問うてみると、

『将来の自分をあきらめたくないから』

と言う答えが出てくるのです。

 

 

逆に言えば、

「私にとって走ることを止めることは、未来の自分を諦めること」

とも言えます。

 

 

 

■ 人間、生まれ落ちたときは、

できるか出来ないかにかかわらず、自分の可能性というものを無限大に想像します。

 

ですが、

生きていく中で、

「これはできない」「あれはできそうにない」「これは無理」

と、数々の選択肢を諦らめていきます。

 

誰しも、子供の頃から、

ガキ大将との喧嘩や、高校受験や恋愛での挫折、など、

壁にぶち当たったときに、将来を無数に諦らめてきたはずです。

 

諦めることによって、道を選ぶことが出来たともいえます。

 

私自身も、諦らめの悪い方でしたが笑

サッカー選手なり、◯◯大学なり、、、、、

を諦らめて、今に至っています。

 

過去のどうこうは、もうそれにこだわる気もないのですが。

 

 

 

■ ですが、

たくさん諦らめてきた中で、まだ諦らめられないことがあります。

 

それがRUNです。

 

諦める理由が見当たらないというか、

RUNを諦めることは、自分自身と別れることに他ならない気がします。

 

それは、

『RUNを止めることは、

自分として、REDとして生きることを諦めることと同意である』

と考えます。

 

 

 

以前から、『生涯で100,000km走る』という、

目標を掲げていますが、

 

最近では、それでは足りず、

もっともっと遥か彼方に輝く北極星のような目標を見定めて走っています。

 

というのも、

先日、「70歳でもフルで4時間切る」という、

大大大先輩の方にお会いして、

 

「自分も年を取ったときに同じように走っていたい」

と、

自分も80歳、90歳、100歳になっても走り続けるという、

 

『今後約70年におよぶ、大目標・北極星を目指そう』

と、いつの頃からか心に決めました。

 

そういった遥か彼方を走っている方々を、

将来の自分自身のBeing、ありたい姿を自分自身と定めているので、

 

今を、そして未来も走り続けるために、「走るためのシステム」を作り上げ、

毎日走り続けているのです。

 

 

■ そうやって気づきあげたものを、

「少しでも社会に還元できれば」、という思いで、

『ランニングコーチ』として貢献できる方法を模索し続けています。

 

 

ということで、

こういうイベントを立ててみました↓↓

Running System 講座

 

 

今回の講座では、

これまでに私が培ってきたRUNを習慣化するためのシステムをまとめ上げ、

走っている最中はもちろん、走る前、走った後、言語・非言語、有形・無形のノウハウとして、

お伝えします。

 

 

 

コンテンツは、これから作成していくのですが、

 

 

サハラや日本縦断、

直近でも月に500〜600kmを走る中で、培われてきたシステムです。

 

どれか1つでも取り入れていただけると、

間違いなく皆様のRUN LIFEは改善することでしょう。

 

 

■ さて、

話が逸脱しましたが、

 

私にとって、自分自身であるためも、走ることは欠かせません。

 

自分自身であるために、

走り続ける自分であるために、

尾崎豊ふうにいえば、

『僕が僕であるために走っている』(←古い!?)

 

未来の自分をあきらめたくないから、

そのためにも走り続けるためのシステムを導入しているのです。

 

 

あなたも自分の未来をあきらめたくないのなら、

長く走ることを続けたいのなら、

この講座に参加してみてはどうでしょう?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Running System 講座

 

今日はここまで。


[まとめ]

  • 誰しもが子供の頃からいろいろな夢を諦めて大人になった。
  • 走ることだけは諦めたくない。70歳、80歳、90歳、100歳になってもずっと走り続けたい。
  • 未来の自分に近づくためにも走るためのシステムを導入して、走ることを継続させている。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

本日の走行距離:21.2km

今日現在の総距離:324.9km

目標の400kmまで:75.1km

 

 

 

さて、残すところ今月もあと10日。

目標の400kmは達成できそうですが、

500kmは難しいかな?

 

出来る限り近づけるように頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)