まずは走ってみる

Home  >>  RUN  >>  まずは走ってみる

まずは走ってみる

On 11月 10, 2015, Posted by , In RUN,習慣化,行動, With No Comments

まずは走ってみる

どーも。パーソナルランニングコーチのREDです!

 

先日からご案内している、東京でのRUNのセミナー&実技講習ですが、

有難いことに、順調に席が埋まってきています!

これも皆様方のお陰です!

 

残りの席も、毎日減ってきているので、

お申し込みを検討されている方はお早めに!

【残り8席!】【日本縦断ランを成し遂げた、Red赤山のランニングセミナー&実技指導 東京編】

 

 

まずは走ってみる

■ 最近、嬉しいことに私の周りの方から、

「来年、フルマラソンに走ることになりました!」

というお声を耳にします。

そんな人におすすめしたいのは、「まずは走ってみること」です。

 

そんな当たり前やないか!と言われそうですが、

でも、これが一番大事です。

 

■ なぜなら、

『いくら「フルマラソンを走ること」を決めても、

 それはただ決めただけで、行動に移していない』からです。

 

行動とは、つまり走ることです。

 

■ 走る時に準備するものとして、

ウェアとか、シューズとかもありますが、

そんなこと、二の次でいいのです。

 

ダサくてもいい。ブザマでもいい。

とにかく走ってみることです。

最初から、うまく走れる人はいません。

みんな、ブサイクな時代があり、

そこから這い上がろうと、外に出ようと、藻掻いた結果、

ランナーやジョガーになれるのです。

 

■ ですから、

最初からカッコつけて、

『ウェアやシューズを選びに街に出て、走る場所は、皇居や大阪城がいいかなぁ〜』

『音楽プレーヤーも買わなきゃ〜。で、どこのジムに通おうかなぁ〜』

など悠長なことを言う前に、

 

身の回りにあるもの、動けそうな服(例えば高校の時に来ていたジャージとか)を来て、

シューズもこだわらず、場合によっちゃ体育館シューズとかでもいいので、

家の近所をぐるっと1周走ってみましょう。

(できれば、この時、走るのは、室外をおすすめします。

ルームランナーなどで走ることも可能ですが、

景色が変わる室外のほうが、視覚的に新鮮で、飽きないでしょう)

 

 

■ 走ることの楽しさやしんどさ、

走り終わった時の爽快感、

シャワーを浴びて汗を流し、ソファーでくつろぐときの気持ち良さや、

「ご飯が美味しい!」と感じる人もいるでしょうし、

「汗をかいた後にビールで一杯!」が楽しみ、という人もいるでしょう。

 

とにかく、

走ってみて、初めてわかることもあるのです。

 

■ ですので、

「私(僕)も、フルマラソンにチャレンジします!」

という意気込みは立派なことですが、それだけで終わらず、

せっかくならそのまま行動(=走る)に移してみてはいかがでしょうか。

 

きっと、走ることで違った景色が見えてくると思います。

 

今日はこのへんで。


[まとめ]

  • 「フルマラソンを走ろう!」と思ったのならば、まずは近所を走ってみよう!
  • 最初はブザマでもいい。藻掻いて努力した結果、ちゃんと走れるランナーになれる。
  • ウェアやシューズは、二の次。走ってみて、初めて分かる楽しさやしんどさ、達成感がある。

11月21日(土)に都内某所でRUNの講義&実技を行います!

詳細はこちら↓↓↓

【日本縦断ランを成し遂げた、Red赤山のランニングセミナー&実技指導 東京編】

残り8席ですので、お早めに!


 継続RUN223日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)