一年の計を立てる前に

Home  >>  RUN  >>  一年の計を立てる前に

一年の計を立てる前に

On 12月 9, 2015, Posted by , In RUN,習慣化, With No Comments

一年の計を立てる前に

どーも。パーソナルランニングコーチのREDです!

 

先日は、子供向けのランニングコーチをさせていただきました!

子供向けのコーチの場合、

無理に走らせるわけにもいかないので、

本人のやる気の方向性を強く組んでやる必要性があります。

(無理強いできないのは、大人も同じですけどね)

 

親御さんの気持も汲んだ上で、

うまく調整できればベストです。

 

さて、

一応は本人の気持ちを聞き、スモールステップを設定したので、

次までにクリアしてきてくれると嬉しいのですが。。。

結果はまた今度。

 

一年の計を立てる前に

■ 12月に入り、2016年ももう目の前に迫ってきました。

よく、その一年の計画を元旦に立てる方もいらっしゃると思います。

私もその一年に出たい大会や、自己記録更新など、ざっくりとしたものを考えます。

(当然、RUNについてばかりですが笑)

 

 

■ さて、

「一年の計」を立てる前に、

「過去はどうだったか」を知る必要があります。

 

RUNで言えば、

「一年前、半年前、3ヶ月前、1ヶ月前は、どうだったか?」

ということ。

 

RUNに限らず、過去の記録があると、

次のプランが立てやすいですよねー。

特にRUNの場合、

距離やタイムを記録していると、ご自身の成長を実感しやすいです。

も少し詳しくするならば、

1ヶ月や3ヶ月など、こまめに定点観測をすると日々のモチベーションを維持できます。

 

■ また、

上記で述べたような数値化することも大事ですが、

コメントも一緒に書いておくほうがいいです。

 

その時々の「しんどさ」というのも、

1つのパロメーターになるからです。

 

「息が上がる」とか、

「もうこれが限界!」とか、

「これで十分!」とか、

そういった感覚的なものだけでも控えておくと、

現状との比較がしやすいです。

 

自分も、同じようなトレーニングをしても、

2ヶ月前より確実に上達しています。

過去の日記では、

「まぁ、これくらいやれたら十分やろう」

とコメントを残していましたが、

今思うと、

「それ、まだまだ自分やれるでぇ!」

とツッコミを入れたくなります笑

 

このように、

RUNは正しいトレーニングをすればするほど、結果が出るのでわかりやすく、

モチベーションも維持しやすいです。

数値化されるとなおさらです。

 

 

 

■ と言っても、

今までに記録を取っていない人は、

まず記録を取らない取らないといけませんね。

 

記録を取るにあたって、

ノートに記録を取るのもいいですが、

最近では、JogNoteを使っています。

累計の走行距離や1kmあたりのタイムも自動で計算してくれるので、

非常に便利です。

 

■ ここでは、JogNoteなどのツールを紹介しましたが、

それよりも、まず始めるのが一番です。

どんなに始めるのが遅くても、遅すぎるということはないのです。

 

今日は短めに。

 


[まとめ]

  • 来年の計画をたてる前に、過去の自分の振り返ること。
  • RUNは記録を取っていれば、自分の成長も実感しやすい。
  • 何よりも始めるのが大事。始めるのに遅すぎるということはない。

ランニングコーチについてはこちら

一部、改定しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)