走るためのシステムって、なにか作っていますか?

Home  >>  RUN  >>  走るためのシステムって、なにか作っていますか?

走るためのシステムって、なにか作っていますか?

On 7月 4, 2016, Posted by , In RUN,RUNの技術,習慣化, With No Comments

IMG_3872

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は、特に暑いように感じましたね!

6月は、あんなに雨が多かったのに、

7月に入ったら、今度は強い日差しを伴う晴れ(*^_^*)

 

これからの2−3ヶ月は、熱中症に要注意です!

 

 

走るためのシステムって、なにか作っていますか?

■ さて、7月に入り、今年も折り返しを過ぎました。

 

少し気が早いかもしれませんが、

『2017年の1月1日をどういうふうに迎えたいか』

を思い浮かべて、

今後のことを一度見なおしてみるいい機会かもしれません。

 

 

 

■ 『過去を振り返り、未来を予測する』

 

そういったことは、

どの業界、どの分野においても、されていることと思います。

 

ですが、

過去を過小評価し、

未来(自分たちができるであろうこと)を過大評価している方も、

多いのではないでしょうか。

 

 

■ 私は、目標を設定する場合、

8掛けぐらいがちょうどいい。

と、個人的には思っています。

 

それは、「少し頑張ればできるかな?」程度の目標に対して、の、

8掛け程度です。

 

 

 

■ 私は走り始めた2013年から、

月間総距離だけですが、記録を取っています。

 

始めの頃は、日ごとに事細かく記録していましたが、

今では止めました。

 

見返してみると、

「走れている月(距離が長い月)」

「走れていない月(距離が短い月)」

があります。

 

面白かったのは、季節的なものではないということです。

例えば、

寒い冬がたくさん走れているか、というと、

初夏に走れている年もあります。

 

その時々に、何があったのか、思い返してみると、

仕事や住居環境が変わったり、で、

プライベートでなにかしらのトラブルを抱えていたように思います。

 

それがわかるだけでも、

記録を取るのはメリットがあるといえるでしょう。

 

 

■ さて、

過去を見なおしたので、

この次は、

「この先自分に何が起こるか、予測すること」です。

 

もちろん、

未来の自分の身に起こることすべてが分かるわけがありません。

ですので、ある程度は予測し、

予期せぬ事が起こることも踏まえた上で、

目標設定値を盛り込むのがベターです。

 

 

 

その目標値の評価も、

だいたい8掛けぐらいで見ておくのが良いと思います。

8割でも、ゼロじゃないだけマシです(*^_^*)

 

 

そこを、

10に持っていく、

もしくは、9掛け、9.5掛けぐらいを狙いたいなら、

そのギャップを埋めるためのシステムの見直しが必要です。

 

 

みなさんは、

走るためのシステムって、なにか作っていますか?

2017年の元旦を気持ちよく迎えるために、

ギャップを埋めるためのシステムを持たれてはいかがでしょうか。

 

 

今日は問題提起だけにして、ここまで。

 


[まとめ]

  • 『2017年の1月1日をどういうふうに迎えたいか』を思い浮かべて、
    今後のことを一度見なおしてみるいい機会かもしれません。
  • 目標数値は8掛けぐらいで評価するといい。
  • その数値を10にしたいなら、現状とのギャップを埋めるだけのシステムが必要。

ランニングコーチについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)