目指すものがなければ、ココぞというときに踏ん張れない。

Home  >>  RUN  >>  目指すものがなければ、ココぞというときに踏ん張れない。

目指すものがなければ、ココぞというときに踏ん張れない。

On 3月 6, 2017, Posted by , In RUN, With No Comments

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

 

今日は、京都のいつも遊んでもらっているヘンタイ集団の方々と、坂トレ38kmを走ってきました。

もう小慣れたコースで、どんなコースなのかを熟知しているがうえに、

甘えが出てきますね。

 

今後、もっと練習に励んでいこうと思います。

 

目指すものがなければ、ココぞというときに踏ん張れない。

■ 今日は坂トレからの学びです。

 

 

「目標を持っている人は強い」

今日はそのことを身に沁みて感じました。

 

 

今日のコースは、中間地点までの6kmの間に約500mを駆け上がる、

関西でも屈指の急勾配のコースです。

 

もともとは主催者の千野さんが、

「ウルトラに参加される方向けに作られたコース」だけあって、

基本的にはサブ4できる人向けのハードなコースとなっています。

 

 

■ そんなコースだからか、

そこに参加される方の意気込みが違います。

 

ペース自体は早くないものの、

坂に差し掛かれば、

「絶対に歩かない」

と決めて、そこに挑まれる方も多いです。

 

 

僕みたいな、完走目的のお気軽RUNとは違い、

坂の頂上まで本気で走ろうとします。

 

 

■ 見ていて、「スゴイな」と思います。

 

きっと、最初から、

「坂の頂上まで走りきること」を目標に、

今日は参加されたんでしょうね。

 

 

こういった方は、今回のRUNだけでなく、

普段から目標設定がしっかりされているのだと思います。

 

 

今日の坂も、きっと目標をしっかり決めて走られていたので、

一番きつい坂のところでも踏ん張れたのではないかと思います。

 

改めて、目標設定の大事さを学びました。

 

 

あなたは目標持って走っていますか?

 

今日は短いですがここまで。

 


[まとめ]

  • 最初から目標を持って挑む方は、意気込みが違う。
  • 「絶対に歩かない」という目標があるから、ココぞというときに踏ん張れる。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

アンケートも絶賛募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)