10秒のリスク管理。

Home  >>  RUN  >>  10秒のリスク管理。

10秒のリスク管理。

On 1月 9, 2017, Posted by , In RUN,サブ3,サブ4,行動, With No Comments

おはようございます!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

また新しい週の始まりですが、

週末、月末、年末を気持よく過ごすために、

気持ちを緩めることなく、走り続けましょう!

 

 

 

10秒のリスク管理。

■ 最近(ようやく)気づいたのですが、

何事でも、

「ギリギリ狙わないほうがよい」

ということに気づきました。

 

これまでは、

希望的観測も含めて、

目標タイムをギリギリのボーダーラインで設定していました。

 

それは、走る速さだけでなく、

着替えるスピードとか、飯食う早さとか、

そういうのも早めで見てしまいます。

 

そうすると、あまり良い結果とは言えないこともあります。

 

 

■ どんなに綿密に予定を組んでも、

不測の事態は起き、それによって、予定がずれるということは多々あります。

 

そうすると、すべての事柄がゴテゴテに回ります。

 

もしくは、後手に回らないまでも、

心の準備ができないために、

行動がぎこちなくなったり、対応に不備が出たりもします。

 

「10秒のリスク管理」

せめて、それくらいは気持ちの整理というか、時間の余裕は持たせておきたいものです。

 

 

■ 昨日のことですが、三宮まで朝から出掛けました。

 

昨日、起きたら7:35でした。

今日のスケジュールを考慮すると、8:38の電車に乗らないといけません。

そのためには遅くても8:30には家を出ないといけません。

そこから逆算すると、

走った後にシャワーを浴びるのに5分

着替えるのに5分

朝飯を食べるのに5分

よって、8:15には家につかないといけません。

 

さて、それを考慮して、

「どれだけの距離を走るか?」

 

非常に細かい話ですが、

私がいつも走るコースは、1周17分で走れるコースです。

これを「1周走るか、2周走るか」

すごく微妙なところだと思います。

 

 

単純に8:15-7:35=40分と計算できます。

「しかし、実際にこの40分もあるのか?」

というところが問題です。

 

 

いつも、自分の走力とか、着替えるスピードとか、飯食う早さとか、

そういうのを早めで見てしまう。

 

そのことを考慮すると、

「1周走る」

その選択で良さそうな気がしました。

 

また、別の角度からみて、

「今、2周走る意味があるか?」

これも、今、走っている目標を再認識したので、その選択がなかったともいえます。

 

結果的には、1周走って、

余裕持って行動したおかげで、

三ノ宮でのセミナーにも間に合いました。

 

 

 

■ これはRUNでも同じで、

 

サブ3やサブ4など、タイムを狙うことを目標にしている方ならば、

「ギリギリのタイムは狙わない」

これを念頭に置いて、それのタイム以上で走れる能力は備えておくほうが良いです。

 

 

ちなみに、

サブ3なら、4:15/km

サブ4なら、5:41/km

が、1kmあたりのタイムとなります。

 

しかし、これを真に受けず、

せめて−10秒ぐらいはリスク管理も踏まえて、

能力は兼ね備えておいてほしいものです。

 

 

今日はここまで。


[まとめ]

  • ギリギリを狙わないの時間設定をすると、不測の事態が起きたときにゴテゴテに回る。
  • 見積もった時間は、本当にそれだけの時間があるのか?
  • サブ4やサブ3を狙う人は、1kmあたりのタイムに、10秒ぐらいはリスク管理として余裕を持たせたいところ。

→ランニングコーチについてはこちら

子供向けクラスについてもお問い合わせください。


→FAQはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)