捉える角度を変えれば、達成の確度も変わってくる(「月間◯◯km走破!」のための技術)

Home  >>  RUN  >>  RUNの技術  >>  捉える角度を変えれば、達成の確度も変わってくる(「月間◯◯km走破!」のための技術)

捉える角度を変えれば、達成の確度も変わってくる(「月間◯◯km走破!」のための技術)

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

ここ数日、妙に涼しい日が続いていますね。

少し肌寒いぐらいですね。

 

といっても、

日が上がれば結構暑いので、

水分補給はお忘れなく。

 

 

 

さて、

 

最近、

「よう走っているね!」

「どうやってそんな距離走るの?」

というご質問を頻繁に耳にするので、

 

本日から数回に分けてブログに書いていこうと思います♬

 

捉える角度を変えれば、達成の確度も変わってくる

(「月間◯◯km走破!」のための技術)

■ 走るためには、やはり目標を持つことが大切です。

 

その走る目標の一つとして、

「月間走行距離を一つ指標」

として捉えている方も多いのではないでしょうか。

 

たしかに月間走行距離は、走力の有無の一つの指標となります。

 

 

とはいえ、

走行距離の大小に関わらず、

ウルトラマラソンを完走してしまう人もいらっしゃりますが(*^_^*)

 

 

 

■ 私も、走り出して3ヶ月目辺りから、

月間走行目標を掲げ、走ってきました。

 

始めこそ、何も気にせず走っていましたが、

月間走行距離を気にしだした頃から、

本格的に走ることに専念したように思います。

 

 

■ ただ単に走るというだけでは、モチベーションが保ちにくく、

特に、走り初めの方が走ることを継続させるためには、

月間走行目標を持つことで張り合いが持てます。

 

 

また、マラソンなどの長距離を走るためには、

走ることに慣れておく必要がありますし、

 

言い換えれば、

走ることが常態化する必要であります。

 

 

つまるところ、

「毎日走り、走ることが当たり前となるために、

月間走行距離を立てて、

日頃から長い距離を走るのに慣れておく」

というのがマラソン完走の方法の一つです。

 

 

 

 

■ ということで、前フリが長くなりましたが、

本日から数回に分けてに、

「月間走行距離を達成するために私が取り組んでいること」

をお伝えします。

 

 

これは、

走るという動作どうこうではなく、

どちらかと言えば、

「考え方」の面での方法論なので、再現性は高い

といえます。

 

月間100kmも、月間500kmも、

この考え方で行えば、達成できるでしょう。

 

以下は、大まかな項目です↓↓↓↓

 

  1. まず目標距離を如何に設定するか。
  2. 月を30日もない。
  3. 4つのフェイズで考える。
  4. ちょっとプラス。
  5. 体重の謎

 

 

 

■ ただ単に

「フルマラソン完走のために、月間200km走りましょう」

と言われても、

「そんな無茶な」

と思われると思います。

 

でも、その数字も、

捉える角度を変えれば、

達成の確度も変わってくる

はずです。

 

そのためのノウハウを次回以降にお伝えできれば、、、、

 

 

お楽しみに(^○^)♬

 


[まとめ]

  • 走るためには目標を持つことが一番。その指標の一つとして、月間走行目標がある。
  • マラソンなどの長距離を走るためには、走ることに体が慣れておく必要があり、そのために月間走行距離を目標とする。
  • ただ単に「◯◯km走る」というだけではなく、角度を変えて捉えれば、目標達成の角度も変わってくる。

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

本日の走行距離:15.4km

今日現在の総距離:241.0km

目標の400kmまで139.0km!

 

詳しくは明日以降のブログで書きますが、

この分だと400kmは軽く超えそうです。

 

目標達成の詳細はまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)