Untitled

Home  >>  RUN  >>  Untitled

Untitled

On 6月 4, 2018, Posted by , In RUN,習慣化,言葉, With No Comments

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は3kmだけ走りました!

 

怒涛の5月を終え、月が変わり、6月。

今月もがんがん走っていくことに変わりはないのですが、

 

「多少無理して走っていた(無理な計画で走っていた)5月」

だったので、

いつものリズムに戻すべく、つまり朝RUN生活に戻すべく、

 

その一歩として、今朝、短いながらも3kmを走ったことは評価できると思います。

 

 

■ 話は少し変わりますが、

私は、「自らの勝ち/負けのパターンを見つけること」を意識して行うようにしています。

 

どういうことかというと、

何かをしたときに、

「これ、うまくいったなぁ!」

「これやったら、人が喜んでくれた!」

など、

 

『なにを、どんなときにやれば成功したのか』

もしくは、

『成功の要因は、これじゃないか?』

と思われることを出来る限り、メモしておくのです。

 

厳密に言うと、

メモだとどこかに消えてしまう確率が高いので汗、

こうやってブログに残しておくのです。

 

■ 反対に、

『こういうときに失敗した』

『あのときはこれがアカンかってん』

ということも、できる限り残しておきます。

 

これも、ここに書いただけでは失敗談で終わってしまいますが、

「じゃあ、どうする?」「どういう対応ができる?」

と考えられたら、

次に同じようなことが起こったら、対応ができます。

もっと言えば、同じようなことが起こることを予め予想できれば、

大なり小なり、前もって準備ができるものです。

 

それもこれも、

「よし!うまくいった!」や「あかん!やってもうたな!」などの、

成功談も失敗談もどこかに書き記しておくことが大事です。

たとえ、その時その時の一部の出来事でも、

それに感化されて記憶が蘇るということは多々あるものなのです。

 

 

■ さて、ここで話を戻すと、

 

寝る間を惜しんで、走りまくった5月は、

【706km】

という、

過去にないほどの距離を走れました。

 

この過程で、

「こうすれば、それだけの距離が走れるのだ」

「こうすれば、それなりの結果(順位)が出るだ」

「ここまでが今の限界やな」

「これをやっても長続きせーへんな」

など、

【気づき】をたくさん書いてきました(もちろん言語化されていないものもあります)

 

 

■ それらは、

今は目に見える形で現れていないこともあるでしょうが、

やがて血となり肉となり、細胞レベルで自らの身体を形成していくのです。

 

それを実感できるのはもっと先のことかもしれません。

 

ただ、これまでやってきたことの一つ一つを身のあるものにするためには、

 

「メモをとること、それもなるべく頻繁に、取ろうと思ったそのときに!」

を意識したほうがのちのちの自分のためになるものと思います。

 

と言いつつも、私もまだまだできていないこともあるのですが、、、

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:3.0km

今日現在の総距離:3.0km

目標の600kmまで、597.0km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)