不条理、不合理は自分を成長させてくれる機会

Home  >>  RUN  >>  不条理、不合理は自分を成長させてくれる機会

不条理、不合理は自分を成長させてくれる機会

On 5月 17, 2018, Posted by , In RUN,習慣化,行動,言葉, With No Comments

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は7kmほど走りました!

 

本当はもっと走るつもりでしたが、

いつも使っているアプリに不具合があり、それを直そうとして時間を食い、

あきらめて別のアプリをインストールしようとしたところ、

また不具合があり、

 

と、かれこれ1時間近くも時間を食ってしまい、

大幅に走る距離が短くなってしまいました汗

 

それでも、

まったくのゼロじゃなかったから良しとします!

 

 

■ 生きていれば、必ずと言っていいほど、

不条理や腹立たしい、納得の行かないことに遭遇するものです。

 

私の今朝のアプリの不具合もその一例であって、

大変腹立たしい気持ちになりました怒

 

正直、1時間も時間を食ってしまったのは、

アプリそのものに原因もありますが、

自分のあきらめの悪さというか、見切れなかったことにも原因があります。

(それはときに必要ですが)

 

 

かといって、

この感情をぶつける先もなく、

悶々としながら走っていました。

 

最終的には、多少気も晴れ、色々改善策を練るに至ったのですが、

怒りの感情をそのままにしておくと、

なにも成長はなかったように思います。

 

 

 

■ これに限らず(これは小さなことでしょうが)

世の中には、思い通りにいかないことは多々あるはずです。

 

 

たとえば、

「人の仕事をなすりつけられた!」とか、

「こんなタイミングでこの仕事持ってきたら、残業確定じゃねぇか!」とか、

「はぁ?これさっき、「こうして」って言いましたよね!?」とか。

 

 

こういった類のものは、

自分自身には、否はないですし、

相手は自分を思いやる気持ち、慮ることが足りてないと言いたくなるようなことです。

 

こんなことが起これば、

 

言葉の末尾に、

(怒!)

と、つけたくなるはずです。

 

私も、時々こういったことに遭遇します。

 

 

 

■ こういった事柄に遭遇したとき、

どのように対処するかで、

その後、起こることや行動が変わってくることでしょう。

 

 

そこで匙を投げていては、前に進みません。

自分が成長しません。

 

自分の感情を一旦、横に置き、

「こんなことを二度と起こらないようにするにはどうしたらいいか?」

「そもそもどこで線引するのか?」

など、

『これも自分を成長させてくれる機会!有り難い!』

と捉えるほうが良いのではないでしょうか。

 

といっても、

当事者になれば、そう捉まえることも難しいいわけです。

これもまた、『躾け』なのかもしれませんね。

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:7.2km

今日現在の総距離:443.5km

目標の700kmまで、256.5km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)