無意識に自分の体を犠牲にしていないか?

Home  >>  EAT  >>  無意識に自分の体を犠牲にしていないか?

無意識に自分の体を犠牲にしていないか?

On 11月 6, 2015, Posted by , In EAT,RUN,健康, With No Comments

どーも。パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は、午後からの時間を使って、料理に挑戦しました!

 

ふぅ~

 

味は申し分なく、非常に美味しかったですが、

正直、疲れましたZzz

 

こんなにもベジタリアンの生活って大変なんですねー

 

今日はそこからの学びです!

くわしくは本文で!

 

 

無意識に自分の体を犠牲にしていないか?

 

■今回、料理しようと思ったのは、前にもお話した

[テキトーなものを口にする雑食系の生活]から脱却するため。

 

 

食事については、一時期は、気にする程度で終わっていましたが、

EAT&RUNという、

走ることと食について、ウルトラマラソンを走る人の観点から捉えた、

とても素晴らしい本を読み、

食に対する情熱が湧き上がり、

本気でベジタリアンを目指したい!と考えたからです。

 

 

■ちなみにベジタリアンのその上をゆくヴィーガンというのがあります。

私も、このヴィーガンのようになりたいですが、

本場のヴィーガンの人のように、卵や乳製品は、極力避けることはできますが、

動物性の素材を用いた靴・衣服も身につけないことは結構厳しいので、

そこは気にしないでおこうと思います。

 

それはさておき。

 

 

■ということで、早速作ってみました!

料理

  • たまり醤油とライム風味のテンペの玄米丼
  • タイ風キャベツサラダのレッドカレー・アーモンドソース
  • ホーリーモーリー・ワカモレ

これだけの料理を作るために、

2時間の食材調達と、2時間半の調理時間で、合計4時間半かかりました!

 

普段全く料理をせず、

いざ、やろうとしても、焼肉のタレですべて味付けをし、調理方法は「焼くのみ!」の自分にしては、

よくやった方だと思います(嬉)

 

 

 

 

■今回、スーパーに行ってわかったのですが、

「店に陳列しているものは、圧倒的に人口的に加工されたものが多く、

その数約9割5分を締め、

その一方で、

ノンオイルや非動物性の食物は、かなり肩身の狭い境遇にある」

と感じました。

 

スーパーの至る所に、

肉や魚、インスタントフードに冷凍食品、お菓子にパンまで。

そう言った手っ取り早く手に入る物が溢れかえっていました。

そして、それらを積極的にPRする宣伝活動がされていました。

 

■もちろん、「忙しい主婦のミカタ」という側面に立てば、

または、忙しい現代人にとっては、

それも正しい選択なのかもしれません。

 

ですが、

本当にそれで良いのでしょうか?

毎日の生活の積み重ねが、人生を作っているのではないでしょうか?

そう考えると、食の大事さはおのずと理解できるのではないでしょうか?

 

 

■私自身は、自分がランナーであること、

そのために日々トレーニングや食事に気を遣っていることを考えれば、

その選択は私にとってありえませんでした。

生きるために走っているのだから、

走るためにならない食は、ナンセンスでした。

 

少し度を越していることもわかります。

 

でも、

「しかたない、これ食べるか」と、

自分が不健康になるのがわかっていて、

体に良くないものを口にするのには、納得がいかないのです。

 

■「そこまで言うのなら、自分で作ってみよう!」

ということで今回料理してみたのですが。

 

でも、やっぱり大変ですね。

実際、食材求めてスーパーを3件ハシゴしましたし、

お会計の明細は7,500円と、

普通の買い物の2倍ぐらいはかかったと思います。

(そのうち半分が調味料でしたが)

 

これだけやって、やっと、健康は食ができるということです。

 

(もちろん、材料は残っていますし、

作った料理も3−4人前分の量を作ったので、

まだまだ食べることはできるでしょう。)

 

この活動(費用もふくめ)を適切な投資ととるか、否か。

 

■私自身は「生きるために走る」と考えているので、

コンビニのおにぎりなどを、絶対食べるのを止めました。

(そのぶん、明らかに現代社会では生きにくくなりましたが大汗)

 

だって、死にたくないですもの。

 

 

 

■そのように考えると、

「会社のストレスで、体調崩す」というのもありえない話ですね。

 

たとえ、高額なお金をもらっても、

自分の首を絞めるような仕事、

例えば、

そういう不健康やストレスが蔓延する生活を強いる仕事は、

したくないですね。

なぜって、会社のために、自分の人生を、体を犠牲にしたくないですから。

 

今日はここまで。

 


 継続RUN219日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)