ウルトラマラソンは、ナイフで追跡者を倒すようなもの

Home  >>  EAT  >>  ウルトラマラソンは、ナイフで追跡者を倒すようなもの

ウルトラマラソンは、ナイフで追跡者を倒すようなもの

On 11月 8, 2015, Posted by , In EAT,RUN,行動, With No Comments

どーも。パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は雨でしたねー

こんな日でもマラソン大会は各地で行われたようです。。。

参加した方は、風邪引かないようにお気をつけ下さい☆

 

さて、本日も前回に引き続き、健康食を料理してみました!!

 

料理2

今回のレシピはこれ↓↓↓

  • 豆腐ステーキ キノコソース
  • チンゲンサイと筍の胡麻和え
  • 玄米

料理本片手に作ってみましたが、やればできるもんですね!(嬉)

ちなみに今回のメニューはアスリートの食レシピから選出しましたっ☆

 

やっぱり自分で作ったご飯は美味しいですね!

 

 

って、

料理のブログではないので、悪しからず笑

 

 

ウルトラマラソンは、ナイフで追跡者を倒すようなもの

■今日の料理をしていて、思ったのですが、

その工程一つ一つは、本の細やかな動作であるけれど、

それを組み合わせて、料理が出来上がってきます。

 

これは走ることでも、(特にマラソンなど)通じるところがあります。

 

■踏み出し足しの一歩一歩は小さく、

ほんとうに微々たるものであるが、

それがやがて、大きな軌跡となり、巨大な目標(ゴール)でも崩すことができる。

 

ウルトラマラソンは、10時間以上かかる長き道程です。

その道中に考えることなど、

「次のエイドまでー」

「あの坂を登り切るまでー」

「あと5分だけー」

そうやって自分に言い聞かせて、走ります。

 

歩数にしたら、何百歩、何千歩とかかるもの。

 

 

■それだけに、

完走した時の達成感は、なにものにも代え難い。

やった人でしかわからない境遇。

傍から見たら、「頭オカシイんちゃう」と思われるかもしれません。

(現に数年前までの自分ならそんなこと考えもしなかったし、

100kmなんて距離は天文学的な数字のように感じていた)

 

でも、やったことがある今なら、よくわかります。

 

 

■ウルトラマラソンもフルマラソンもハーフマラソンもおんなじ。

巨大な相手を己の脚で一歩づつ切り崩していく。

 

まさにバイオハザードの追跡者をナイフで仕留めるかのように。

(ほんと、地味ですよね〜笑)

 

 

■たとえ、相手がウルトラマラソンであろうとも、10kmマラソンであろうとも、

やることは同じ。

 

コツコツと、淡々と、

確実に一歩を進めていれば、切り崩せないことはないのです。

 

 

今日はここまで。


 

[まとめ]

  • 料理も、マラソンも、小さなことの積み重ねで出来ている
  • 目標が大きいほど、それをやりきった時の達成感は他では味わえないもの。
  • どんなに大きな目標でも、コツコツと、淡々と、確実に一歩を進めていけば切り崩せないことはない

 継続RUN221日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)