言い様のない不安を感じたなら

Home  >>  RUN  >>  言い様のない不安を感じたなら

言い様のない不安を感じたなら

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は3kmだけ走りました!

短い距離でしたが、サブ3ぐらいのペースでは走れたのでOKとします!

(けっして、サブ3目標ではありませんが)

 

 

■ ウルトラマラソンを目指されている方の中には、

走っているけど、

「頭のなかで、何かモヤっとしたものがある」

「なんとなくだけど不安である」

「これでいいのかな?と思うことがある」

 

こういった言い様のない感情を持ち合わせている方がときどき見受けられます。

 

 

当のご本人は、

「なにかしたらの不安を抱えているけれど、それが何かわからない」

未知のモノに対面するだけに、

こういった不安や言い様のない不気味の悪さを感じるのは当然のことといえます。

 

 

 

■ 逆に、一度でもそれを体験してしまうと、

次にウルトラマラソンにチャレンジするときには、

その不安は消え、自信を持って挑むことができるでしょう。

 

少なくとも、未知の領域ではないため、

身をもって100kmのあいだに起こることを想像(または肉体的な記憶)ができるのです。

 

 

■ ただ、これも体験したことのない方にとって、

暗中模索、見えない敵と対峙するような手探り状態のなか、

進んでいかなくてはいけません。

 

そういった方とお話していると、

単純に「フルマラソンの2.5倍」という距離的な数字に慄き、

不安だけが募る中、刻々と時間だけが過ぎていき、

「気づけば、ウルトラマラソン本番まであと1週間!」

ということになるのです。

 

こうなれば、もう付け焼き刃でしか対応できません。

ここでは特段書きませんが、いわゆるドーピングをして完走したところで、

「ウルトラマラソンを完走しました!」

と、胸張っていえますか?

せっかく何万円もかけて遠方まで行き、100kmにチャレンジするのに、

それで良いのですか?

 

と、問いかけたくなります。

 

 

 

■ 話は少しそれましたが、

 

こういったケースに陥らないためにも、早めに手を打つことをオススメします。

 

先送りは最大の悪癖です。

今すぐ走り出してください!

 

 

と、言っても、

どこに、どんなふうに走ればいいのか(どんなトレーニングをすればいいのか)

わからないという方も多いと思います。

 

 

そういった方は、ご相談ください。

 

 

■ 言いようのない不安、漠然とした悩みを、

一旦可視化してやると、気持ちの上でクリアになります。

なにをしたら良いのか、ハッキリするから、具体的な行動に移せます。

 

加えて言うなら、

曲がりなりにも、ウルトラマラソンを何度も完走した経験から、

なにかお役立てる知識をお渡しできると思います。

 

 

■ 目に見えないものがなにかある。

わからないけど、時間だけが過ぎていく。

 

そういった思いを持たれている方は、いっそ、すべて一度吐き出す。

そうすることで楽になるはずです。

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:3.0km

今日現在の総距離:139.9km

目標の600kmまで、460.1km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)