自信とは、自分を信じるチカラ

Home  >>  RUN  >>  自信とは、自分を信じるチカラ

自信とは、自分を信じるチカラ

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は久々に19kmほどの、いつものコースを走りました!

今朝は心なしか涼しかったので、いいペースで長い距離を走れました。

 

本来、梅雨の時期は湿度から走るのがしんどく感じる時期ですので、

今日の涼しさは、つかの間のなんとか、ですかね♪

 

また明日も気持ちよく走りたいです!

 

 

■ 「お金とは、信用・信頼の積み重ねによって貯まっていくもの」

という言葉を知りました。

 

「あぁ!なるほど!」

と、また一つ学びになったのですが、

 

 

「これをRUNに置き換えたときにどうなるか?」

と考えると、

 

「走ってきた一歩一歩が、自信となり、

それはやがて走力、走れるチカラとなる」

 

ということが言えそうです。

 

 

■ 私は元々走れた人間ではありません。

 

よく書いていることですが、

もともとデブで怠惰であった数年前(まだ数年しか経っていない!)の頃に、

 

「サハラマラソンを走ります!」

という、でたらめな宣言をし、それに近づくために一歩一歩歩んできた。

 

という経歴があります。

 

 

■ その過程で、やってきたことは、

もう数え切れないほどありますが、

 

それらの数え切れない経験やチャレンジが、土台となって、

 

走れなかった自分が、

「毎日、一日数キロでも走った」という自信と実績を積み上げ、

 

 

それをひたすら積み上げていく過程で、

『走れる!という自信』

を持ち合わせるようになり、

 

それはやがて、目に見える結果(大会での記録や月間走行距離)

となって現れたに過ぎません。

 

 

最後のはおまけみたいなもので、

 

大事なのは、『走れるという自信を持つ』ことと言えます。

 

 

■ 走るために必要な要素として、

『強いメンタルを持つこと』

ということが挙げられますが、

 

 

ここでいうメンタルとは、

大きく分けると、

「楽しむこと」と「自分を信じること」に分けられます。

 

 

今日お伝えした、自分を信じることとは、

「自分は走れる」「絶対に完走してみせる!」

など、

『自分の能力を疑わない、確固たる自負を持ち合わせる』

ことによって生まれてくるものです。

 

 

その起源をたどると、

毎日(できれば毎日)、

コツコツ、淡々と、その日まで積み上げてきた過去(トレーニングや走行距離)

が生み出してるのです。

 

 

 

■ 最初は、

「頼りない、根拠のないスカスカな張りぼての自信」

かもしれません。

 

 

でも、それでも、

 

一歩一歩、臆することなく、走っていけば、

それはやがて道となって、

 

「行けばわかるサ!」

と猪木さんが仰っていることも、後々になってわかってくるものなのです笑

 

 

だから、

今、不安な人も、

決して歩みを止めないこと。

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:19.2km

今日現在の総距離:153.1km

目標の600kmまで、436.9km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)