無意識的有能があなたをゴールへと導く

Home  >>  RUN  >>  無意識的有能があなたをゴールへと導く

無意識的有能があなたをゴールへと導く

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は12kmだけ走りました。

最近、安定してそれなりの距離を走れるようになりました。

(もっとも、それは時間の有無が問題なのですが)

 

時間のないときでも、ペースを上げて、足りない時間を帳尻合わせできるように、

つまり走るスピードが上がりました。

 

 

スピードが上がるのは、あまり意図せぬ成果ですが、

これも長い目で見れば、一端の効果があると思われるので、

これも一つのブロックの積み重ねと思って走ろうと思います。

 

 

■ さて、

ときどき、「どんな練習しているのですが?」

と聞かれることがあります。

 

そう言われても、

「普通に走っているだけです」

というのが、答えとなって申し訳なく思うのですが。。。。汗

 

 

一つ言えることは、

『無意識的に走ってる』ということです。

 

 

 

■ 無意識的に走るとは、

『意識せずに走っている』

ということです。

 

 

これが大事だし、これをランニングコーチで、

お伝えするのが一番難しいことなのですが、

 

意識せずに走るためには、

『徹底的に型を体に染み込ませること』

が大事です。

 

 

■ 思考のクセも同じく、

考えるため経路・システムが自動構築されているのですが、

走ることもフォームが最大のクセであり、型があります。

 

正直、なによりも最初に行うべきなのは、

適したフォームの模索であり、そこに向けての徹底的な修正です。

 

 

私も最初の頃は、陸上部の部員よろしく、

黙々とフォームの改善に勤しんでいました。

 

いまでこそ、もう無意識的に身体が動くので、

フォームの改善は行いませんが、

それでも、ときどきは自分の身体の動かし方を感じ、頭で考え、

意図的に身体を動かすように仕向けることもあります。

 

しかし、こうやっているうちはまだまだぎこちなく、

それを継続させるための型が身についていません。

 

ウルトラマラソンなどの長距離では、

この型を徹底的に身につけることをおすすめします。

なぜなら、自分が意図して走ろうとしなくても、

文字通り「勝手に」ゴールまであなたを運んでくれるからです。

 

もちろん、それなりの身体的能力が伴って、のことですが、

その型が整っていれば、比較的容易に走ることができるので、

精神的な疲れが少ないのです。

 

 

 

■ 反対に言うと、

フルマラソンでサブ3なんかを目指そうとすれば、

意図的にスピードを上げなければなりません。

4:00/kmで走ることがデフォルトの人は別ですが、

そうじゃない大半の私たちは、意図して身体を早いスピードまで持っていかなければなりませんん。

だから、しんどいのです。

 

と言っても、

その4:00/kmで走る型を身に着けていれば、それも容易いのですが、、、、

 

 

■ と、話が広がりましたが、

型を持っていることで、無意識に走れ、

それがゴールまで導いてくれるのは、ほぼ確実に言えることです。

 

 

その型が、適切な型かどうか、適切なフォームかどうか、を客観的に見るお手伝いも

パーソナルランニングコーチのお仕事なのです。

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:12.0km

今日現在の総距離:280.3km

目標の550kmまで、269.7.km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)