自分で見聞きし、体験したことだから伝わえる

Home  >>  RUN  >>  自分で見聞きし、体験したことだから伝わえる

自分で見聞きし、体験したことだから伝わえる

On 6月 8, 2018, Posted by , In RUN,行動,言葉, With No Comments

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は7kmほど走りました。

 

雨は降っていませんが、湿度が高く、

そんなにハードな練習をしていないのに、

息の上がり具合は、それに見合わないほど上がりますね。

 

やはり暑さ、湿度と言うのは大敵ですね汗

 

 

■ さて、

先日行ったように、またウルトラ向けのイベントを検討しています。

 

先日の【トリプル7!ウルトラ模試!】は、

その距離、約80kmとけっこうハードなコース設定になってしまったので汗

もう少しお手柔らかなコースで検討しています。

 

もちろん今回のような長い距離の練習も必要ですが、

これから暑くなる季節であることや、

最初からロング走を実施すると、なかなか手が出にくいのではないかと思いますので、

 

まずは、

「ちょっと頑張ればできそう」とか

「それ、面白うそう!」といったお手頃なコース(?)を開発しようと思います。

 

そのために動き出したところ、であります。

 

 

■ さて、

そのための情報収集を行うに際して、

ネットなどで調べるのも一つですが、

 

やはり「自分の目と耳と舌(?)」で確かめるのが、

一番、自分自身に説得力を与えると思います。

 

 

なぜなら、

自ら体験したことは、自分の中に存在するし、

それを伝えるときにも、よりディテールを鮮明に思い浮かべながら、

文章なり、写真なりで表現できるのです。

 

それを他者に訴えるわけですから、

100のチカラで書いたものは、

相手に100伝わるのです。(実際にはその何十分の1になることもしばしばですが、、、)

 

ただ他者から見聞きしたもののを伝えようとしても、

最初のチカラが30なり40だったりすると、

相手に伝わるのは、何にも伝わらないことになるのです。

 

 

■ ですから、

なにかを伝えたければ、なるべく

「自分の見聞きしたこと」

「ほんとうにそうだよな」と、腑に落ちたこと

について書くべきです。

 

そうじゃないと、

ろくに相手に響きません。

 

いくら技巧に走っても、

「なんにも伝わらない、ただの説明文」

になり下がってしまいます。

 

 

■ と、いうことで、

私が持っていないRUNの情報、特に今探しているのは、

おすすめコース、オススメのグルメ(打ち上げの店w)、オススメのお風呂などです。

 

コース開発に至って、この3種(もしくは2種だけでも)があることで、

魅力が増すのです。(これを楽しみに走れるようになります!w)

 

 

なお、

頂いた情報は、私自身も一度試走し、

よりその良さが伝わるように、またSNS等でお伝えしますので、お楽しみに♪

 

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:7.2km

今日現在の総距離:107.6km

目標の600kmまで、492.4km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)