それやらないと、未来でなにが起こるのか

Home  >>  RUN  >>  それやらないと、未来でなにが起こるのか

それやらないと、未来でなにが起こるのか

On 5月 14, 2018, Posted by , In RUN,大会,行動,言葉, With No Comments

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は21kmほど走りました。

昨日の雨のせいで、川の水位が増して、大和川や石川はエライことになっていましたね汗

 

水の中で寝ていた鯉も、目が覚めたら、

陸に打ち上げられて、、、、みたいなこともあったようです。

 

お陰で足元はグチャグチャ。

とりあえず、風呂場で足洗ってリフレッシュしました。

 

 

■ さて、

RUNとは直接は関係ないのですが、

昨日は一日中雨でした。

 

朝のうちに走ったので、

それほどモチベーションは下がらなかったのですが、

日中予定していた市役所等での手続きがまったく進まない状況に至りました。

 

「もうすこし雨がマシになれば、、、」

と、願ってみても、

まったく良くなる気配はなく、

 

このままでは一日無駄に過ごしてしまうことになってしまうので、

思い切って土砂降りの中、市役所まで自転車を走らせました。

 

その後、無事に手続きは済み、

また雨に濡れながらも帰宅して、

ようやく完了。

 

びしょ濡れにはなりましたが、

すこしでも前に進んでよかったです。

 

 

■ 先送りにする理由は、

見つけようと思ったら、なんでも出てきます。

 

「めんどくさい」

「雨で濡れるん嫌やし」

「ていうか、市役所遠いし」

「なんでこんなで手続きせなあかんねん!?」

「もういいやん、また今度」

 

こういった、

理由にならない理由、

やらないことを正当化する言い訳、

は、

だれしも経験があると思います。

 

私も今回同じような思考に至りかけたのですが、、、

 

 

 

■ よくよく考えてみると、(というか、ちょっと考えればわかりますが)

 

『それをしなければ、もしくはすれば、未来になにが起こるのか』

ということに思いを馳せられれば、

それを今やらない理由はないということに気づくものです。

 

こんな少し考えればわかることですが、

その場では、嫌だ・面倒だという感情が勝って、

行動を妨げるのです。

 

 

■ RUNでも同じことが言えます。

 

今、走らないと、なにが起きるのか?

そこでリタイヤすると、なにが起きるのか?

どういった感情になって、明日を迎えるのか?

日々の練習も同じです。

 

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:21.4km

今日現在の総距離:398.6km

目標の700kmまで、301.4km

 

そう置き換えると、

今なにをすべきか、が見えてきます。

 

ちょっとRUNとは違う角度から、今日は書いてみました。

 

今日はここまで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)