成功も失敗もすべて財産

Home  >>  RUN  >>  成功も失敗もすべて財産

成功も失敗もすべて財産

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今日は7kmほど走りました!

雨がもう少し弱まれば、もうちょっと走ろうと思ったのですが、

弱まる気配がないですね、、、

 

もう梅雨に入ったのでしょうか。

 

 

雨は起きている事象に過ぎません。

それをどのように捉えるかは、自分次第。

ということを心に留め、今日も走りましょう!

 

■ 一昨日、

「勝ちパターンや負けパターンを記録することは大事ですよ」

ということを書きました。

 

さて、

この勝ちパターン/負けパターンとは何でしょうか?

それはどのようにして、それだとわかったのしょうか?

 

それは、

「やってみたから、わかった」

ということに他ならないのです。

 

逆に言うと、

「やってみないと、なにもわからない」

と言えます。

 

この「やってみたら、、、」という前提には、

「これをやれば、結果が出るかもしれない。今より良くなるかもしれない」

という仮説のもとに行動するということです。

その仮説は、どこから来るかというと、

「結果を出している人、信頼できる人が、

何かしらの文章や動画や口頭、見よう見まねなどでどこかに納めたもの」

ということになります。

 

これらは当たり前といえば当たり前なのですが、

 

 

■ それを行うのは、ご自身であって、

「それを行って、ダメならこれ」

「次はこれ」

「その次はこれ」

 

と、

次から次へと、手段を変えて、目標達成のための行動を起こしていく。

 

その過程で勝ちパターン/負けパターンを身につけることになるのです。

 

そのためには、

一にも二も、「まずやってみる」というスタンスで物事と向き合わなければなりません。

やる前から疑ったり、斜に構えたりしてたら、

優越感や満足感(?)を一時的に得ることをできますが、

結果なにも残りません。

 

誰かから見聞きしたことでもいいので、

「とにかくやってみて、どうだったのか?」

それを逐一記録していくことで、

成功も失敗もすべて財産となるのではないでしょうか。

 

 

■ それに付け加えると、

どうしても身につけていおきたい技術に、

仮説思考というのがあります。

これは、解がないところに解を立てるという、

コンサルタントの方が活用する技術です。

 

私自身、この思考・技術に早いうちに触れ、

RUNに活用してきたから、自分なりの成功パターン・失敗パターンを数多く生み出し、

そして、ブログなどで編纂してきたというこれまでがあります。

 

 

 

■ ですから、私が書いていることは、

「万人に当てはまることではないかもしれないけれど、

それでも、私とスタートやゴールが同じ方々にとって、

ある一定の結果を生む」

という、勝ちパターン/負けパターンの集積物であるともいえます。

 

 

■ まだまだ言語化できていないこと、トライしてみないとわからないことも

たくさんありますが、

 

それでも、

今後もお読みいただければ、なにかしらの価値を感じていただけるのではないか、と。

 

今日はここまで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)