ロードとトレイルの違い

Home  >>  RUN  >>  ロードとトレイルの違い

ロードとトレイルの違い

おはようございます。

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は6km走りました。

昨日はキャノンボールPOWERだったのですが、

今朝はそれほど後遺症はなく、

しっかりと6km走れました。

 

■ そう、

昨日はキャノンボールPOWERで約100km(?)走りました。

前半こそ、馴染みのグループに混ぜてもらい、

足が吊りながらも、なんとか走り切れましたが、

後半はてんでダメですね。

 

途中からは、最初の登りでヤラれ、六甲頂上までなんとかいくも、

登りも下りも精一杯で最後は足も完全に逝ってしまい、小学生にも抜かされるようなスピードでゴール。汗

 

あらためて、ロードとトレイルの違いを思い知らされました。

 

■ そう、ロードはめちゃくちゃ走れたのです!

六甲縦走の所々では、ロードを走ります。

 

ロードでは、いくら足が逝っていても、

関係なく、5km前後/kmで走れたのは驚きでした。

 

やっぱり自分はロード向きなんですね。

 

■ ロードとトレイルでは、足の動かし方が違います。

ほかにもエイドの活用とか、装備とかもありますが、

ここでは足の動かし方にフォーカスします。

 

簡単にいうと、

ロードは「脚を引く」

のに対し、

トレイルは「脚を上げる」

という動きになります。

 

両者は少し走っただけでは、影響は現れませんが、

長い距離、そういった運動を繰り返していると、

その差は身体に現れます。

 

■ 僕は普段からロードばかり走っているので、

ロード向きの走り方をしているということです。

 

どちらが良い悪い、ということではないと思います。

 

それぞれ、「何に向けて、どういう練習をしているか」だと思います。

 

きょうはここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:6.0km

今日現在の総距離:416.9km

目標の500kmまで、83.1km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)