切磋琢磨できる仲間は必須

Home  >>  RUN  >>  切磋琢磨できる仲間は必須

切磋琢磨できる仲間は必須

On 1月 7, 2018, Posted by , In RUN,ビジネス,,習慣化,行動, With No Comments

 

こんばんわ!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日は、朝からロング走を兼ねた30kmのペース走に参加してきました!

 

もちろんそれだけじゃ満足しないことはわかっていたので、

その前に15kmほど自主的に走っていましたがw

 

久しぶりにそこそこの距離をいいペースで走れて、

いいトレーニングになりました!

 

 

 

切磋琢磨できる仲間は必須

 

■ 昨年の暮ぐらいから、

『やはり切磋琢磨できる仲間は必要』

ということを身にしみて感じています。

 

自分の能力やビジネスを、もう2ステージも3ステージもあげようと思ったのならば、

一人でやるには限界があり、

ある程度のところでそこで満足してしまうということに気づきました。

 

 

目標を持ち、

「今以上に上に行きたい!」「もっと自分にはできると思う!」

と、思い、

 

「実際に上を目指している人」

という人は、

 

「もうすでにそういったことを達成している人たち」と共にいて、その過程にあるか、

「よっぽど自分に手厳しく、常にハイレベルな課題を自分に課せられる人」だけではないでしょうか。

 

 

 

■ これはRUNもそうだし、ビジネス(仕事)でもそうだと思います。

 

他の人と交流しない人は、

今のままでの満足してしまいますし、

それ以上成長しません。

 

他と交流しないと、自分の至らない点にも気づきませんし、

そこそこの満足感にひたり、衣食住足りてしますと、ハングリー精神なるものが発揮されることはないでしょう。

 

 

また、

毎日、同じ会社に勤め、同じ人とばかり接していたら、

視野も狭くなります。

 

いましていることをある種の普遍化してしまい、

それ以上のことはやろうともしないですし、受け容れようともしないのではないでしょうか。

(例えば、新入社員を長らく採用していない、とか、今でも20年前の商習慣で仕事をしている、とか)

 

 

特に、この手のことが起きる組織は、

時代の変化に対応できず、遠くない将来淘汰されていくものと思います。

 

 

さて、話が肥大化してしまいましたが、

 

概して言えば、

毎日同じことをしていると、本人は意図せずとも、

自分で自分の限界点を決めてしまうことが起きてしまうのです。

 

 

 

 

■ 前にも書いたことありますが、

 

今以上に成長したいと思うのならば、

達成したい目標があるのならば、

 

やはり今の自分よりも、一段階も二段階も上のクラスの人達と接するべきです。

 

 

現状維持のままで良い方は、さておき、

目標ややりたいことがある人は、

それを実現させている人たちと、交流し、その輪の中に入り、一挙手一投足学ぶのが一番の近道です。

 

 

自分で悶々としていても、答えは出ませんし、

出た答えも畑違い、的外れかもしれません。

 

であるならば、

もうそれを実現している人から学ぶのが一番の近道なのです。

 

 

 

■ かくいう私も、今年はより外に出て、

RUNもビジネスも、より高いレベルの仲間と共に成長したいと考えています。

 

もちろん、考えるだけではなにも変わりませんので、

すでにRUNもビジネスも、仲間を作る行動に出ています。

その集まりに定期的に参加し、より高いレベルに引き上げられたら、と思います。

 

 

【今日の格言】

良い職場というのは甘い職場という意味ではなく、

切磋琢磨しながら自分も伸びていけるところ。

オリックスグループ会長・宮内義彦

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:40.3km

今日現在の総距離:114.9km

目標の500kmまで、385.1km

 

 

年が明けて、お休みの日ばかりですね!

この機会にガッツリ走って、スタートダッシュしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)