どんなに暑くても、心だけは風に吹かれる柳のように

Home  >>  RUN  >>  どんなに暑くても、心だけは風に吹かれる柳のように

どんなに暑くても、心だけは風に吹かれる柳のように

On 7月 21, 2021, Posted by , In RUN,,, By ,,,, , With No Comments

おはようございます!

大阪でパーソナルランニングコーチをやってます、REDです!

☆プロフィールはこちら☆

♬パーソナルランニングコーチのご感想はこちら♬

 

 

■ 7月も残すところ、あと10日

もう夏も本番になったかのような気温です汗

 

夏が終われば秋が来ます

秋が終われば、冬、そして春

 

この循環の中で、次の季節を待ち焦がれるのもひとつですが、

二度とは来ない21年の7月21日、

今、この瞬間を楽しむようにしたいものですね

 

 

 

 

以下、パーソナルトレーニングの日程はこちら↓↓

 

7月22日(木・祝) 9:00~(満) 11:30~ 13:30~ 16:00

7月24日(土) 9:00~(満) 11:30~ 13:30~ 16:00

7月25日(日) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00

 

詳しくはこちらまで↓↓
https://moshicom.com/56348/

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

どんなに暑くても、心だけは風に吹かれる柳のように

 
■ 私はいくら暑くても、心は落ち着けるようにしています
 
 
状況判断をするためでもありますが、
 
 
一番の効用は、心を落ち着けることによって、
 
 
少しですが、外気の気温の体感を下げることができるからです
 
 
 
 
そのために
 
とにかくゆっくりと、深く、呼吸をすること
 
 
 
■ 暑いのはもうわかっています
 
 
運動すれば、熱を帯びますし、
 
外で走っている限りクーラーを効かせることはできませんから笑、
 
どうやったって、外の気温は下げられません
 
 
 
外部のことはコントロールできませんが、
 
自分自身の感じ方はコントロールできます
 
 
暑い・寒いと感じるのはご自分の心なのです
 
 
 
 
■ 試しに、呼吸のリズムを変えてみてください
 
 
呼吸が荒くなれば、暑く
 
呼吸をゆっくりすれば、冷たさを感じます
 
 
今、クーラーの効いた部屋にいれば、
 
鳥肌が立ちませんでしたか?
 
 
 
このように呼吸の仕方を意図して変えて、
 
暑さ・寒さの体感に変化を与えることができます
 
 
 
 
これは、暑いと感じているときは、
 
外の世界に意識を向けているからでもあります
 
 
そうではなく、
 
自分の内側に目を向けて、冷静になる
 
 
 
そうすれば、たとえ外の気温が30度を越えても、
 
まだ心と体に余裕が出てきます
 
 
 
 
これから暑い夏が本番を迎えます
 
どんなに暑くても、心だけは風に吹かれる柳のように
 
 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

→パーソナルランニングコーチのご感想はこちら

→お問い合わせはこちら

 


 

今日現在の総距離:234.4km

目標の450kmまで、215.6km

 

LINE公式アカウントからお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)