「慣れ」の怖さ

Home  >>  RUN  >>  「慣れ」の怖さ

「慣れ」の怖さ

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

 

■ 今朝は15kmほど走りました!

 

昨夜から、急に気温が上がりましたね!

もう夏は間近なんでしょうか。

 

梅雨明け宣言は、まだのようですし、

例年、7月中旬ごろに梅雨が明けるらしいですね。

 

暑くて、息が上がるのも早いですが、

走ることは続けましょう!

 

 

****************************************

 このブログは、

 『ウルトラマラソンなどの荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

  だれもが自己実現できる社会を実現させる』

 ことを目標に、

 

年間5,000km走り、様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

****************************************

 

■ 『慣れ』というのが怖いことを最近改めて思わされます。

 

そのことに慣れてしまっていると、

慣れている事自体に気づきません。

 

他者から言われて初めて気づくということも多いでしょう。

それはクセとも言い換えられます。

 

 

■ 学ぶこと一つとっても、

 

「誰かから教えてもらう」

「自主勉強する」

「人の真似して学ぶ」

「その場その場で経験して学ぶ」

 

というように、

学ぶこと一つとっても、様々な手段がありますが、

「どの方法で学ぶかということ」

に慣れていると、

他の手段で学ぼうとしたときに、違和感やしっくりこない、という感覚になります。

 

 

これは、

「どれが良い・悪い」ということではなく、

その人の慣れ、日頃から慣れ親しんだ習慣、

からくるものです。

 

 

■ これは、

「言葉」「思考」「食事」「睡眠」「通勤」「姿勢」「態度」「歩き方」「食べ方」「話し方」、、、、

と、どんなことでもそうです。

 

普段から慣れ親しんでいる動作や考え方を、

半ば無意識的に行っていますし、

 

それが結果が出る思考や行動であれば、

本人はさほど意識しなくても結果は出るのです。

 

 

■ RUNも同じく、この慣れがおおきく影響するところで、

 

何もできない、赤ん坊の状態から、

歩くことを覚え、走ることも覚えていきます。

その過程で、コケたり、躓いたりしながら、

結果が出る、つまり歩けた、走れた方法を身につけるのです。

 

それを繰り返すと、始めの頃は、意識して「右」「左」としていたのが、

無意識のうちにできるようになります。

 

これで、「走ることに慣れた」という状態になります。

 

 

■ では、

「あなたが慣れ親しんでいるRUNは、

結果のでるRUNでしょうか?」

 

 

今日は短めにここまで。

 

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:15.9km

今日現在の総距離:256.9km

目標の300kmまで、43.1km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)