会心の一撃を叩き込め!

Home  >>  EAT  >>  会心の一撃を叩き込め!

会心の一撃を叩き込め!

On 4月 11, 2018, Posted by , In EAT,RUN,サハラマラソン,大会,行動, With No Comments

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は6kmだけ走りました。

物足りないですね。

サハラみたいに存分に走れる環境が羨ましいです、、、

 

 

■ さて、

サハラマラソンも3日目が終わりました。

ご覧になりましたか?

http://marathondessables.com/en/marathon-des-sables-maroc/news/stage-3

 

距離だけ見ると、

31kmと短く、ここまできた参加者にとって、

そんなに苦になる距離ではなかったはずです。

 

 

ここまでくると、サハラの気候にも慣れ、

砂漠の走り方もある程度、体得されていることでしょうから、

3日目を乗り越えられた方は、もうゴールが見えている(ゴールできる自信はついてくる)のではないでしょうか。

 

 

■ と、

ここまで地図をベースに話をしていますが、

実際には、参加者は戦々恐々としていることだと思います。

 

 

 

私のときもそうでしたが、

その日のコースを走り終わっても、

「まだなにかとんでもないものが待ち受けているのではないか?」

「ほんとうの地獄はまだ先なんじゃないか?」

ということを話し合っていました。

 

それくらいサハラマラソンは油断ならないものなのです。

 

 

 

■ 私たちはネット上でしかコースを確認できませんが、

参加者はスタート地点に連れて行かれるバスの中で、

その年全体のコースマップを渡されます。

 

 

そこにある、

半分わけの分からない記号を必死に読み取り、

「これは砂山?」「この目印って大きいん?」「方位◯◯℃、って、どうやってわかるん?」

ということを憶測します。

(当然ながら、日本みたいに「そこにコンビニがあってー」みたいなことはないですからねw)

 

目印云々はまだ前を行く人についていけば、いいですが(それでも集団遭難の可能性もある!)

地形だけはなかなか読み取れません。

 

ですから、

渡された地図も迷わない程度の役割で、

参加者が一番知りたい、そして苦戦を強いられる地形については、

その日、蓋を開けてみないとわからないのです。

 

 

よって、

3日目を終えた参加者も、

「4日目・5日目・6日目で、まだなにか仕掛けてくるんじゃないか?」

と、疑心暗鬼にかられていることでしょう。

 

 

 

■ ですが、安心してください。

「明日(4日目・5日目)のオーバーナイトと6日目のマラソンステージで、終了です。

7日目はおまけです!w」

(といっても、参加者にこのメッセージは届きませんが)

 

 

オーバーナイトとマラソンステージに全力を注げばいいのです。

それですべて終わるのです。

なにが待ち受けていようと、そこに全力で会心の一撃を加えればいいのです。

 

ここまでは、戦々恐々とし、なにかのために備えていたと思います。

それも、ここからは全力でその日を走り抜けることに力を注げばいいのです。

「晴れて、ゴール!サハラマラソン終了!」

となるのです。

 

 

 

さて、

今の参加者の状況はどうなのでしょうか。

まだ元気であれば(身体に異常がないようであれば)

オーバーナイトステージに全力で挑んでいただきたいものです。

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:6.0km

今日現在の総距離:162.6km

目標の550kmまで、387.4km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)